8月
21
2008

息子の通院

今日は息子を医者に連れて行くので、仕事は休んだ。

午後から名古屋大学病院の定期検診だが、ついでに午前中に眼科医へ行くことになった。

1学期の健康診断で、息子の左目の視力がCという判定が出たので眼科医で診察してほしいという案内をもらった。昔は、2.0, 1.5, 1.2とかの視力を直接話したように思うが、今はA, B, C, Dというような評価になる。

おおよその視力は、以下のようだが間違っていたらごめんなさい。

A = 2.0, 1.5, 1.2
B = 1.0前後
C = 0.3 ? 0.8ぐらい
D = 0.1前後

8月になってから名古屋市は小学生の医療費全額負担、中学生の入院費負担となったので、、、息子が眼科医へ行くのに8月まで待った。

2週間前に妻が眼科医へ連れて行ったときに、遠視だという話だったが経過を見るということなので今日再び行く。レンズを入れて試してみたところ、眼鏡なしでも視力は変わらず1.0ぐらいの視力はあるようだ。

それで結局、いまのところは眼鏡をなしでもいいだろうということになった。ただ遠視なので、見えづらくなって頭痛を起こすかもしれないので注意観察を行うとのことだ。1ヶ月後に妻が息子を連れていく予定。

息子の目は大きな目の家族の中でも、とりわけおおきくぱっちりしている。
まつげも長く、、女の子だったらかわいいのにと思う。
そんな目にメガネは不釣り合いだよなと思っていた。たぶん目がレンズからはみ出てしまいそうだ。

午後は、名古屋大学病院の発達障碍の診察へ。
夏休みに入って、コンサータなどの薬を一切止めている。
薬を飲んでも飲まなくてもあまり変らない様子。

だけど人がいるところに行くと息子ははしゃぐところがあるので、学校が始まるときには必要となるんだろうなぁ。

息子に「薬を飲んでいるときと飲んでないときは、なにか違いがある?」と尋ねるが、「別に?」という答え。
医師は「薬を飲んでいるときと飲んでないとき、どっちが好き?」という上手な表現をされたが、「別に?変わらない」と答える。

コンサータを飲みはじめると初日は明らかな違いがあるのだけれど、、、小学校4年生はわからないのかな。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed