7月
31
2008

もう年金制度はやめましょう

今日は、国民年金の一部免除の申請に行ってきました。

会社社員や公務員を除くと、月額14410円の年金を払わなくてはいけません。
私と妻で、14410円×12月×2人=345,840

一部免除の申請をしたので、1/2か3/4になると思いますが、、今の私には大きな金額です。

ぽっくり死ねるためには、「ぽっくり神社」へお参りにいくといいという話がありますが、私もぽっくりいって迷惑をかけたくありません。ぽっくりいけば、年金はいりません。身体が大事なうちはなんとか働いて、その後ぽっくりいきます(ぼったくり じゃないよ)

そのため、このお金を子どもの教育資金に回したいのですが、だめですか?

老人一人の医療費は、年間で平均100万円近くかかるそうです。
これは誰が負担すんでしょうか?

医療が高度化するとお金がかかります。
身体がうごかないのに、誰が介護費用・医療費を支払うの?
貯金、年金、、、、

介護士は給料が安く重労働ですが、その費用は老人たちの財産と年金から成り立っています。自分の生活費の2倍以上がないと、介護されることも成り立たない気がします。

年金や税金というオブラートに包んでいるので、責任の所在はわかりません。
年金制度が破たんしたら、誰が責任取るのでしょうか?

・・・国の税金?

政治家や年金に係る公務員が責任取るの?自腹を切るの?

もうわかりきっていることでしょうが、いけるところまでいってその後必ず破綻をきたします。そんな制度に少しでもお金を払いたくないと思っている人はたくさんいるだろうな。「税金」だと思っているから払うまでで。

やっぱり死ぬまで働いて世の中に負担かかるようになったら、ぽっくり死ぬのが一番いい。そのためお金がなくなったら、「ぽっくり自殺するか」「臓器を売ってリバースモルゲージ」「刑務所のような施設に入って自由をなくす」のどれかを選びたい。

生活保護を受けている人よりも、働いている人の方が苦しい生活をしている逆行していることもあるので、せめて生活保護を受けている場合は自由をなくして働いてもらいましょう。

なんかきれいごとばかりで、矛盾した世の中に私たちは生きている気がします。

……すみません、もうちょっとがんばってきちんと税金払います。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed