7月
23
2008

Amazonの件は、私の勘違いでした

Amazonの件は、私の勘違いでした。すみませんでした。

でも週末はAmazonに対してどう働きかけようか努力していました。

アメリカにあるAmazon.comのホームページから、英文でメールを出しました。ページには「12時間以内に返事をします」と書いてありました。メールを送って、返事が来ないなぁと思っていたのですが、英文のメールの中に埋もれていました。実際には1時間以内にメールの返事がありました。もちろん英語ですが、とても丁寧な文面です。

返事の内容は、
「あなたのアカウントについて調べてみたところ、チャージした記録がない。もっと詳しく調べたいので、クレジットカードの情報、いつチャージされたかを詳しく教えてほしい。」クレジットカードは電話かFAXで教えてほしいとのことでした。

もう私の英語は錆ついていまして、電話で話すのは億劫です。
なんとかメールで、クレジットカードの内容を送ろうと思いました。Amazon.comのページからのWebメールなのdでセキュリティ的には大丈夫だと思いましたが、文章の中身にクレジットカードらしきものがあると通しません。また電話番号も厳しいようです。社員をすべて信じていないほど厳しいものだということかもしれません。

さて、FAXはどうやって送ろうか。
自宅にはないのでキンコーズかな。。。それとも頑張って電話をするか?
そういえば、ノートパソコンにはモデムがありFAXで送ることができます。英文の文書を急ごしらえして、なんとか送りました。途中で何度やっても送れないと思っていたら、トーン信号でした。自宅はいまだにパルス信号です。どっちみちIP電話なのですが、パルスのままなんです。リレーのダダダダッという音で電話をかけるものです。

FAXが届いたあとに、Amazon.comは調べてくれて返事がありました。
特にチャージした様子はないとのこと。ひょっとしたら日本でチャージされているのかもしれませんので、調べてみてくださいとのことです。

いやそんなはずはない。「Amazon.com」 からの請求です。
まさかと思い、Amazon.co.jpでもういちど請求があるかと思っていたら、、、、

実はありました。
本ではなく、Amazon.co.jp内にある別の業者のものでした。

すっかり忘れていた。だったら、Amazon.co.jp からの請求だったらすぐわかったのに。。。

私の早とちりで、皆さんに迷惑をかけました。。。無事でよかったです。
 

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed