6月
23
2008

ノートパソコンのDCジャックがいかれたようだ

ノートパソコンが壊れた。

突然電源が入らなくなり、パソコンにつながる電源コネクタの部分を横に押すと電源が入るようになる。電源コネクタのせいかなと思ったが、テスターで導通テストをしてみると、DCジャックの接触部分らしい。DCジャックの端子と内部の基盤は導通している。

 

DCジャックの接触する部分が、へこんでしてしまい、それがうまく接触できないことになっている。

ググって見ると同じような人がいる。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2328494.html

DCジャックは基盤にはんだ付けされているので、メーカー修理だと基盤交換になり、5万円から10万円ぐらい。業者に頼むと1?3万円となる。DCジャックはノートパソコンごとの特注品で入手も難しいので手に入りづらいようだ。自分で直せるかと思って、ノートパソコンを分解しようと思ったが、それもあきらめた。

最悪の場合は、DCジャックをやめて自分でACアダプターにケーブルをつなげてしまうという手もあるかもしれない。お金がかかることなのでちょっと考えてみよう。

今週に入ってノートパソコンなしで生活している。

仕事場にパソコンがあって自宅にパソコンがあるので、なんとかなるけれど不便に感じる。さっとメモをとることができないし、ブログにアップすることもままならない。Windows Mobileはノートパソコンの代わりにならない。先日のミニノートPCを本格的に考える時期に考えるべきかもしれないが。

 

今日もノートパソコンをばらばらにして、基盤の写真を何枚かとったのだが、ノートパソコンがないとアップもできない。e-Taxやプライベートな情報が入っているのだが、、、ほかのパソコンではインストールしなおしてデータを入手しないといけないがどうしようか。

 パソコン修理の中で一番安いところを探した。

http://www15.plala.or.jp/assist-aizu/contents.html

ここだったら送料別で、10,500?12,600で直してくれるかな、ちょっと検討してみよう。

実はちょっとした修理は家でやっているので、技術力のあるところでないと信用できない。特に車で119番といって駆けつけるところよりも専門職であるほうが信用を置いている。緊急処置と専門病棟の違いのものであろうか。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed