6月
16
2008

【映画】ハッピーフィート

ミュージカルアニメだった。


子どもと家でDVDを見て楽しんだ。

主人公のペンギンは、歌が上手なペンギンとは違って一人だけ歌が歌えない。その代り、彼はタップダンスができる。歌が歌えないことに悩むし、周りからは阻害される。

しかし、結局そのタップダンスが世の中を変えちゃうんだ。

たしか、タッチ&タップスという題名のミュージカルがあったと思うんだけど、たまたまニューヨークへ行ったとき半額チケット屋でチケットを買ったら、1番前の席で驚いた。そのタッチ&タップスはストーリーはほとんどなかったんだけど、タップダンスとミュージカルを絡めたもので、かぶりつきの席でとてもよかった。

たぶん、このタイトルでミュージカルが始まるんでないかな。ライオンキングのように。もうニューヨークへ行く機会はまずないと思うけれど、

 

この映画を見て、そのミュージカルのときと息子のことを考えていた。

普通の子どものようにじっとしておれないし、すぐに喧嘩をしてしまう。先生の話は聞けないし、何度言っても関心のないことはうっちゃったまま。

息子よ、お前もこのペンギンかなぁ。ハンディのある子は、能力が1つ欠けていれば別の能力を授けてもらっているという意味で、Given Talentというそうだけれど、さてどうなんだろうか?

親がぶらぶらしているのに、子どものことは言えないか。

 

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed