5月
30
2008

【本】秘伝すごい会議


秘伝すごい会議

Amazonで購入
書評/ビジネス

同い年くらいで、同じ姓で、冒険的な人生を送っている著者はすごいなと思う(前と一緒かい)。

前著「すごい会議」は読んでいないので、いきなりエッセンスに入ったかもしれない。内容は「すごい会議」を開くための実践的なマニュアルとコラムである。

本は読むだけでなく、自分に一部取り込んで、さらに実際に行動して起こすということが大切だと思う。いつも実際に行動として起こしてみる!というところまでやっていることがあるけれど、自分に合いそうなものは取り込むか絶対に取り込みたいということがあればどうやっても取り込むことがある。

この本の内容の会議は一人ではできないので、いまのところ想像するしかない。

「すごい会議」のエッセンスは、以下の3つである

  • 会議は考えるところではない、決定するところである。
    これは楽天の三木谷社長が同じことを言っていたな。
  • 問題をさらけ出す
    セクショナリズムをやめて、組織・会社全体で考える
  • コミットさせることである
    決断したことからは逃れられない。本気に行動することが求められる

以上のことを、具体的な方法を例示して載せている。

頭では理解していても実際にやることは難しい。その点はスポーツと同様かもしれない。

すごい会議は会議そのものよりも、社内のビジネスの進め方、コミュニケーションの取り方の問題だと思う。

仕事をクールに、責任の所在をはっきりさせ、コミットをさせていくビジネスのやり方、なかなか日本の企業では受け入れにくそうだが、「すごい会議」という言葉でいつの間にか洗脳されているという方法もあるかもしれない。

 

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed