3月
19
2008

名古屋の地下鉄定期

昨日から地下鉄定期で会社に通い始めました。

久しぶりなので、いろいろなことがわからず。

地下鉄にはときどき切符やユリカ(回数券みたいなの)で乗っていたので、だいたいわかりますが、定期というのは久しぶり。

通勤定期は経費としてお金をいただけるのですが、どうやって購入するのが悩みでした。
普通の駅では売ってなさそうだし。

インターネットで調べると、インターネット前売りというのがありますが1週間以上前でないといけないらしいから却下。主要駅まで当日行って、買うのがいいらしい。

それで当日、駅員さんに聞きました。

「定期買うところまで行くのは、やはり自腹?」

「切符を買って、定期を買う旨話せば、清算するよ。」

そういえば、昔名鉄ではそうしていたような気がする。

そして、栄駅で降りて、定期の売っているところへ行く。9時からか… 少し早めに来て待つことになる。9時が出社時間だったら遅刻だな。

9時になりシャッターが開く。定期の申込書があり、名前と区間などを書くようだ。

ときどき、病院へ子どもの診察へ行くので寄り道の経由地などを書く。同じ区間だったら、途中で下車できる経由地がいいか。なんかひと筆がきみたいだな。具体的にいえば、「総合リハビリセンター」という駅から乗って、「久屋大通」駅までなので、名城線でいえば一本だが、2回乗り換えるようにした。これで想定内の下車駅を増やすことができる。こんな使い方をしてもいいのかな。

それで申し込んで、買えた!そんな乗換ばっかりで、不思議に思われなかった。

そして、栄まで乗ってきた切符の精算をしてもらうのだが、260円が返ってこない。代わりに写真の切符をもらった。いつでも1回好きな区間が乗れるそうだ。私は使えないので、妻が代わりに使うことになりそうだが、なんか腑に落ちない。

そして、そのまま会社へ。 

社長に「定期買ったよ?」と話すと、領収書をもらってこいとのこと。

お昼過ぎに領収書をもらいに行きました。係りの人に「本当はそのときしか渡せないのですが、、」といいながら渋々いただけました。

やはり、リハビリが必要なようです。会社には失礼だが。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed