3月
05
2008

起業の失敗に思うこと

ここ数日、起業について何が悪かったのか考えることしきりである。
「起業バカ」「起業バカ2」という本を読んでいて落とし穴について知った。そのため最悪のケースに陥って身動きがとれなくなることはどうしても避けたかった。

あとは一昨日書いた「覚悟」の問題もあるけれど、精神的に自分自身が袋小路に入っている点がある。ずっぽり土の中に埋もれている感じがして、どうにもならないでいる。

独身だったら、1年ぐらい世界中を旅行して気分を発散して、新しい気持ちで日本に戻ってくるんだが、それはできない。子どもが学校に通っていたり、妻が先進国以外は行きたがらなかったり妻のビザの問題もある。

家族で世界一周した栢野さんがうらやましい。昔1年以上世界を回った時も、家族で旅行している人にあったな。でも子どもが小学校に入る前だから可能だと言っていた。

独身の時は1年に2回は海外へ出てストレスのたまる日本から脱出していたのに、結婚してからはせいぜいフィリピンだけ。ストレスがたまりすぎたのか。それとも才能がなくなってきたのか。そもそも才能がなかったのか。今に思えば、独立したときにインドへ1か月でも行ってくればよかった(計画は立てたけれど妻の反対がありいけなかった。独立するのにそれはんなんだと)。ナマステー

いまは、事務所の撤退に伴う、事務用家具の処分や引っ越しなども含めて、頭がいっぱいである。

 

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed