3月
03
2008

起業が失敗した理由(4)

ほとんと書いてアップしようとしていたら、楽天で「今アクセスが集中していますので、、、」というアナウンスの表示。再度更新しようとして何度かアクセスしたら、アップした内容は全部消えてしまいました。

 こういうときは本当に困ります。って、ひとごとかい。

 

経営資源のヒト、金の次は、モノ、場所、情報でしょうか。

モノは、ソフトウェア開発ですと今はあまりお金はかかりません。
一昔前は、大型コンピューターやミニコン、ワークステーションっていうお金のかかるもの必要でした。今はせいぜい100?200万円あればどうにかなるでしょう。
私はノートパソコン、デスクトップパソコンともそれぞれ10万円かかっていません。メモリーを足したり、ハードディスクを後から足しますが、全部消耗品扱いになっています。

実際に3年はもたないですもの。せいぜい2年ですね。

他には、机やテーブル、椅子、本棚、冷蔵庫などです。
机とテーブルは大きいのが欲しかったので買いましたが、他は全部もらいものですましています。

 

場所は、名古屋市中区新栄で、地下鉄駅から徒歩5分という良い場所にいると思います。都心から若干離れていますが許容範囲です。とはいえ業務内容として、東京にいた方がもっと良かったかもしれません。離れているからこそ、独創性が生まれる可能性はありますけれど。

家賃は愛知県が提供しているあいちベンチャーハウスに入居しているので、15平方メートルで4万円ちょっとと破格の値段です。他に駐車場として1万円。これも安いです。ただ1人で仕事をするにしては少し広すぎました。

ソフトウェア開発の場合は、机一つあればできるので、どこでもいいんですけれどね。
静かな場所であれば自宅でも。自宅の場合は、妻や子供の邪魔が入るという不便さがあるので、離れの一室であればいいと思います。

そういえば、この事務所の一つ難点がありました。隣が会議室ですが、入ってわかったんですが音が筒抜けで、2階3階の人たちが頻繁に会議室として使うんですね。2日に1回、だいたい事業時間の1/3?1/4は隣りから音が漏れてうるさかったです。

ただ「あいちベンチャーハウス」といっても、ベンチャー企業はほとんどありません。IT関連の下請け企業がほとんどです。入居してからわかったことですが、幻滅しました。生業を得ていくにはしかたないことかもしれませんが、お互いに研鑽していけないので残念に思いました。

 

情報はほとんどインターネットから入手して、こうやってブログを書いたりして多少の情報提供をしています。これも一昔前と違って、情報のやりとりは格段に便利になりました。

こうしてみると、モノ、場所、情報については、ほとんど問題はなかったといえます。
ヒト・金の問題につきるんですね。

でも何か大切なものを忘れているような気がするんです。
経営資源とは別の視点で見てみようと思います。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed