2月
22
2008

弱点は長所

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を視た。火曜夜10時は録画したい番組が他に2つあり、そしてたいてい録画した番組をCM飛ばしで視ているので、1週間後の午後4時に録画したものをみる。

ちょっと遅い。途中でつまらないと消してしまったり、本を読みながら視ちゃいますけれど。

音楽プロデューサーの武部聡司さんだった。

実はこの武部さん、音楽の才能があり、好きで音楽の道へ入った。
でも、プロのミュージシャンとしては才能がないことに気づく。

ミュージシャンは音楽の才能もあるが、ルックスもだいたいいい。
世の中に歌の上手は人はたくさんいるし、プロはだしの人も多い。一方で、ルックスもいい人もたくさんいる。両方ともいい人は少ない。

だからテレビに出てきたり、メジャーデビューするミュージシャンは、両方とも兼ね備えている。そうでなければ、個性で売るしかない。他の人にないオリジナリティを持っている人、味のある人。しかもそれらは、お客さんに感動を与えて、訴える必要がある。

武部さんは、「自分でそうではない」と悟った。
それは苦しかったに違いない。
しかし、「編曲」の楽しさと才能があり、音楽プロデューサーとしての楽しさと生きがいを見つけたようだ。

武部さんがプロデュースするとき、こういう。

「誰でも欠点や弱みがある。それと向き合って生かしていく。それが個性となって、オリジナリティのある味として昇華していく。」(ちょっといいかたが違うかも)

 

欠点は個性となって、その人の強みになるかもしれない。
逆に長所が強すぎると、他のことが見えなくなり、足を引っ張ることになるかもしれない。

 

私もプログラマーでありたいと思っていたけれど、未踏の仲間の足元にも及ばない。
変わったアルゴリズムなどは思いついたり、広い視点で情報分析するのは、長けているような気がするのだが。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed