2月
20
2008

ヘアカット

「女らしさ」や「女を捨てる」という言葉に、妻や娘は反応します。それが女性なんですね。当たり前ですか。

妻や娘は着飾ったり、髪の毛をいじったりすることが好きなようです。
朝出かけるときは、鏡を見てじっとしています。

ビューティーコロシアムという番組でも、自分は「女として生まれたい」という言葉が出てきますが、ふーんそうなんだという感じがしました。

では、「男としていきたい」 というのは何なのか?

やはり命を張って戦うことなのかもしれません。平和な世の中では男は生きにくいのかもしれません。

 

ところで 床屋や美容院のたぐいは小さいころから嫌いで、じっとして頭をいじられるのが好きではありません。中学校のとき坊主にしていたのが意外と楽だったかもしれません。

でも髪の毛は伸びてくるのできらないといけません。でも日曜日も家族の日だったりするのであまり出かけることができず、ついつい忘れてしまいました。

初めて1000円カットというのに行ってみました。10分だけなので我慢できます。
これまではなんとなくいやだったのに、、、これなら我慢できます。

男性でも美容院へ行く時代なのに、変なやっちゃですね。

イオンの中にあるお店だったので、写真の記念品をもらいました。でも美容院や理容室はちょっと高い気がします。1000円だったらいいのですが、ただ髪の毛を切るだけで4000円弱かかるのは。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed