2月
05
2008

株の売買を再会します

先月のサブプライムショックで、株が暴落してとうとう自分の資金が底をつきました。
妻に追証を出してもらうように頼みました。マンションを売ったなかから100万円ほどです。

一部の株は損切りして売りました。200万円ぐらいの損は確定しました。
この株は乾汽船という株で普通はこんなに上下しないものだったのですが、株そのものではなくバルチック海運指数に投機筋が入った可能性があります。現在は下がる一方ではありますが、バルチック海運指数が上がるときも下がるときも損をしまして、1種類のこの株で昨年200万円、併せて400万円ほど損したことになります。

よくわからない種類の株の売買するときは、もうちょっと株数を減らせばよかったと思います。また資金が十分ないのにたくさんの株を投入したのは間違いでした。最初に空売りしたときに資金に余裕があれば、損切りする必要はなく利益はでていたのですから。読みはあたっていたことになります。

まあギャンブルで「あのときああしておけばよかった」と正当化することはないのですが、もうちょっと抑え目にリスクを考えながらやらなければいけません。

 

確定申告の書類をそろえているときに、昨年この銘柄で200万円損をしていたのにも関わらず、株の売買はプラスになっていました。目を疑いました。小まめに売買していたのが利益を出していて、合計するとプラスなんです。含み損を含めてもです。今年になってサブプライムショックで下がっているので、いま現在はマイナスなんですが、そんなに悪い成績ではなかた。

どうも悪いことばかり記憶に残る性質なようで、いいことは全部忘れてしまうんですね。そういえば自分の人生も辛いことばかり残っていて、良い成果を出したことをほとんど忘れているようです。いつも「自分はダメなんだ。でも一歩前進しなきゃ。」という自暴自棄にとらわれていることが多いようです。

 

株価が戻ったので、妻に100万円返します。
それから慎重かつ慎重に、株の売買を再会し始めようと思います。とりあえず前の水準に戻ってきてからね。

注意点としては、

・信用取引でやる場合も、3倍の資金を動かさず1倍ぐらいにとどめること。

・買いは現物、空売りは信用だが1倍にとどめる

・変化の激しい株は株数を少なくする
 

当たり前のことなんですけれどね。

こうした経済社会に住んでいる以上、株売買やFX(今はやっていませんが)などと全く接しないというのもリスクなんだと思います。

ディトレーダーの気持ちも少しはわかったと思います。私はお金のボードを見続けるのは辛いのでもう十分です。プログラムを少しでも作っていたほうがいいと思いますので。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed