1月
27
2008

金銭感覚が狂ったみたい

更新が遅れました。

このブログでもお知らせしているように、株の売買をしています。
今週の始め頃に株が暴落しまして、いえ先々週からその兆候はあったのです
が。多少の余裕をもって株の売買をしていました。少しぐらい下がっていて
も200万円ぐらいの現金の余裕はありました。

しかしこの2週間ぐらいで、あっという間に500万円ぐらいの損失を出し
てしまいました。ついに今週の初めに、追証がかかりました。

信用で売買していたので、その保証金を上乗せしろ、つまりお金を振り込め
という話です。それで妻が大切にしていた、昨年夏にマンションを売ったお
金から100万円借りることになりました。

妻は泣いて「これだけはやめて?」といっていましたが、「いま全ての株の
売買をすると損するから、もうちょっと戻ってから手放すね」と言って、妻
の承諾を得ました。

私個人はほとんどお金に執着がないんです。
自由なことが一番大切なんです。
だから全てのお金は妻に預けています。
私個人の小遣いもありません。私が持っているお金は全て事業に関わるもの
です。

それで追証を払ったと同時に、一番リスクの高い株を手放しました。
実はそれはほぼ最安値に近いものだったんですが、、、200万円ほど損し
たことになります。まだ損失を抱えていますが、なんとか戻るでしょう。

その200万円の損失を出したときに、「あ?損したなぁ」という一言の感
想しかなかったんです。1万円の入った財布を落とすのと同じくらいの気持
ちです。頭の中の尺度は対数計算になっていて、10倍の金額がせいぜい2
倍くらいにしか感じません。

株の売買で数万円規模の利益や損失が気にならなくなって、数十万円ぐらい
の損失でやっと「困ったな」と感じ、100万円ぐらいで「やばいかな」と
いう程度。お金の上下はゲームのようになってしまい、損失を出したらこの
マネーゲームから足を洗わないといけないかなという感じ。

ディトレーダーをやっていて、ばくちの感じが否めません。
何のアイディアも戦略も感じなくなったので、ずっと株価ボードを見るのは
飽きていました。ただ損をしつづていると、「この数万円の損で子どもたち
に何かを買ってあげる機会を失った」「この数十万円の損で家族で旅行へ行
く機会を失った」と考えるようになりました。

これからは新規に株を売買することはなく、今もっている株を整理する方向
でいきます。経済動向をみるために株は重要だと思うのでまったく足を洗う
ことはないと思いますが、冷却期間をおこうと思います。

しかし、テレビでよく出てくるB.N.F.さんはすごいですね。
この暴落では一銭も損をしていないとか。そしていまは資産が150億円ほ
どだそうです。でも近寄ってくる女には注意してね。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed