1月
27
2008

第17回オープンソースソフトウェアセミナーとMODx

第17回オープンソースソフトウェアセミナーに参加しました。

NPO東海インターネット協議会(TIC)が開催しています。
http://wiki.tokai-ic.or.jp/hiki.cgi?OpenSourceSM17

私は会員ではないのですが、あいちベンチャーハウスにいるものとして無料
で参加できますので、できるかぎりいつも参加させていただいています。

しかし他の入居者はほとんど参加していないなぁ。。。。もったいない。

本日のテーマは、CMSに関するものでした。
1つ目はGeeklogで、2つ目はMODxです。

実は、、、、MODxというのは、私が少し関わっているんです。

そのいきさつを少し書きたいと思います。

独立して、ちゃんと自分の事業のホームページを立てないといかんなぁ。そ
して何か飯の種はないかなぁと、、いろいろなCMSを探していました。

最初は、XOOPS。東京にいたときに勉強会も参加しました。
会員サイトとしては悪くないけれど、デザインがテーブルで作られているなぁ。

PHP-nuke, Mamboo, Joomla, Geeklog,手当たりしだいダウンロードしてイン
ストールして試していました。

そのとき、見つけたのが、このMODxです。

自由度がめちゃくちゃ高い、そして高速で、Ajaxをふんだんに使っていて使
いやすい。日本で手をつける人はほとんどいなかったというのもいいです。

デザイナーの方はDreamweaverというホームページ構築ツールを使います
が、まさにサーバー版Dreamweaverという感じです。会員サイトやブログ
ツールとしてはやりにくいけれど、一番手ごろなCMSという感じです。

mixiで日本のフォーラムをやるんだけれど一緒にやらない?という話があっ
たので「私でよければ」と手を上げて、本家サイトのモデレーターの一人に
なりました。

それから少し触ってみたのですが、デザイナーではないのでホームページを
デザインする仕事をすることはなく、結局経験を積むことができません。

そうこうしているうちに、自分のやりたい事業のスクレイピングはRubyが適
していることがわかり、Rubyを使い始めます。Rubyをやると、PHPと混同す
ることがありだんだんと疎遠になっていきました。

そしてRuby on Railsが出て決定的になりました。サイト構築ツールとして
はRuby on Railsが技術者向けには一番適していると感じました。

すみません、それ以来自分のサイトhttps://www.solisart.com/ しかつくっ
ていません。

本の共同執筆者として一応名が出ておりますが、英語の翻訳を手伝ったぐら
いで申し訳なく思います。

でも、CMSとしてはこれがベストと思います。


MODxでつくる!最強のCMSサイト

今日初めて、他のモデレーターの方、yamaさんとMEGUさんにお会いできてう
れしかったですが、私が共同執筆者として紹介されるのはちょっと恥ずかし
かったです。

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed