1月
04
2008

「お金がない」は禁句

今年は自分で約束したことがあります。

昨年は何かお金が必要になると「お金がない」と言って現実から逃れていま
した。妻が生活費や子どもの教育費、そして「どこかに旅行へいこうか?」
と尋ねると、「お金がない」と言うのが一番現実から逃れる簡単な方法なん
です。

一番簡単に逃れる方法が、実は一番の落とし穴ではないかと思います。
安易に言葉を使うとそれが習慣化してしまい、当たり前になってしまいま
す。つまり「お金がない」状態が普通になります。お金も逃げていくかもし
れません。

それで今年は「お金がない」ということを言わないようにしようと自分に約
束しました。もしいいたいときは別の言い方をします。「お金をなんとかし
よう」「なんなるさー」。あまり変わらない言い方だけど、なんとかなるさ
でやるしかありません。

1月1日のブログに書こうと思ったんだけれど、どのブログでも挨拶文で面
白くないので今日にしました。今年は独立して3年が過ぎ、4年目に突入で
貯金を減らしてきただけですが、なんとかしたいなぁと思います。

今年もよろしくお願いします。

今日は久しぶりに家族を連れて実家に行きました。実家と言っても前に住ん
でいた知多市で、車で1時間弱のところです。毎年帰省で乗車率200%や
25kmの渋滞の中帰省される方、お疲れさまでした。

子どもはお年玉を祖父母からもらって喜んでいました。
「うちはお母さんの方からはお年玉はもらえないので、他のうちに比べると
半分なんだよね」今年初めて娘がつぶやきました。
それがダブルの子どもの悩みです。まあ他にもいいことあるよねと信じたい。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed