12月
20
2007

懸賞横丁はリニューアル

このブログで宣伝行為はしてこなかったのですが(というより売り物がな
い)、初めてさせていただきます。

私が作ったお客さまのサイトがリニューアルされます。

http://www.yokotyou.com/

今年の3月から依頼されてサイトを構築しています。
いまあるサイトを「利益の出る」サイトにして欲しいと依頼されて、やっと
出来上がってきました。たぶん来年早々にはリニューアルされると思います。

リニューアルは当初は小さな一歩にしか過ぎませんが、懸賞サイトにとって
は大きな一歩です。

(どっかで聞いた文句だ。ハイ、アポロ11号でニール・アームストロング
船長の言葉の真似です。)

リニューアルの内容は船長、いやお客さんがサイトで紹介してくれるので待
ちましょう。

お客さまはこのブログを読んでくださっているので、あまり書くと営業上、
取引上問題があるかもしれませんが、、、とりあえずクレームが出ないよう
に書いて、クレームが出たら一部修正するかもしれません。こんな危険なこ
とをやるのは、他の会社ではないでしょう。どこもいいことしか書かないから。

当初はITコンサルタントとしてサイトの運営や開発について相談を受けて
おりました。空いている時間があればその時間内で開発マネージャーを務め
ましょうというつもりだったが、いつの間にかミイラ取りがミイラになって
しまい、私が開発そのものをやることになってしまいました。

利益を生み出すためには、まず投資すなわち仕掛けをしなければいけませ
ん。そのため既にあるシステムを全面的に作り直しましょうということにな
りました。

既にあるシステムは、懸賞用のパッケージソフトです。それを修正する事は
困難を極めます。それで、関わり始めていたRuby on Railsで構築しなおし
ましょうということになりました。Rubyは1年ぐらいの経験を積みました
が、Ruby on Railsは正直これからでした。でもその構築しやすさは、他の
システムに勝ります。

ちょうどその頃、未踏が採用されたことが決まりまして、契約を続けるかど
うかは迷いましたが取り掛かり始めたこともありまして、両方を並行してや
ることにしました。未踏が80%、懸賞横丁が20%の割合です。お客さんの前で
言いにくいことですが、契約金額的にはこれでも割合を上げているつもりな
んです。

それから4ヶ月ほどで基本的な開発は終わりましたが、それからバグ潰しに
入りました。メインの開発とは異なる、携帯対応やいろいろな仕組みも並行
して行います。

まあそれがどうにか未踏の最終発表の前はほとんど開発できなかったのです
が、その分12月は50:50ぐらいの時間を割いて作っています。

このリニューアルは機能的には同業他社を引き離すものであると思います
が、事業は技術的な要素以外のことも大切なのでどうなるかは神のみぞ知る
です。

知り合いであったもののどうなるかわからない私にチャンスを頂いたことに
感謝します。そしてぜひ最初の仕事で大きな利益を手にすることを祈ってや
みません。もしよろしければ投資した分以上の利益が出て、その一部がいた
だけるといいなぁ。

また利益の出るシステム開発として成功事例になるといいなと思います。

しかしITの人件費、60(プログラマー)?200万(コンサルタント)はひと
ごとながら高く感じる。これだけの利益を生み出すのは普通の会社は大変だ
と思う。ただ利益が出る仕組みをなんとか搾り出さないと、、、単なる効率
化だけではITの明日はない。

反省点としては、Ruby on Railsを使ったんだから、勢いよくプログラムを
早く完成させるべきでした。そのためにも最初に「お金ちょうだい」あるい
は「開発費はいらないから利益の半分ちょうだい」と提案するべきでした。
時間がどんどん過ぎていくとその分だけ可能性が減っていきます。
私の不徳のいたすところですので、直していこうと思います。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed