12月
05
2007

スキルオークションが終わった

今日、スキルオークションから「サービスが終了します」というメールがあ
りました。

独立して、さてどうやって自分を売り込もうかと思い「スキルオークショ
ン」というサイトに自分を登録しました。

http://skillauction.jp/

派遣全盛の時代、それは新しい時代の考え方だと思いました。
自分自身を売り込み、企業側が欲しい人材をマッチングさせるというのは、
派遣会社に関わらずフリーランスとしてのマッチングサイトとして理想的な
ものにうつりました。

登録してみると、自分自身の登録は人材紹介会社で登録するのと同じような
感じだった。登録したときは自分の能力を過信していたので、、、だって取
締役だったしマネージャーもやったし、いろいろなこともやったし、何だっ
てできるだろうと。ただ大規模なプロジェクトの中でやったことはなかった
ので、UMLは知っていても経験はなかったしその他諸々のことはわからな
い。ドキュメントも自己流ですから。

登録しておいたが、仕事のほとんどは首都圏だった。
まったく仕事がない。
そのうち事務所を借りることになりフリーランスではなくて、自分でプログ
ラムを開発していくことになった。そのため、もうここから仕事を紹介して
もらうことはないと思い、登録を解除してもらおうと思った。

連絡を何度もしたけれど、結局登録を解除してもらえなかった。
個人情報がどうなってしまうか、ちょっと心配。

私はお客さんと対等の立場であり続けたい。
お客さんは神さまではないと、ソフトブレーンの創業者宋文州さんはいいます。

ほとんどのケースではお金を払う方が立場が強いことが多いです。
「お金をいただかなくても結構です。やめましょう。」と言えるように、対
等の立場を築かないと、お客さんにとっていい仕事ができないのではないか
と思います。

お客さんが強い立場にあれば、いつも指示通りにやらないと損をするという
考えが働きます。良かれと思ってやったことが失敗につながるかもしれない
ので余計なことはしないでおこう。言われたことだけやろうということにな
ります。

大規模なシステム開発というのはそのままです。
受託開発もそうかもしれません。
最初の仕様書にないことをやっても評価されない。それがバグを生み出した
ら、かえって減点の対象になってしまう。
結局、世の中にあるコンピューターシステムというのは、当たり障りのない
業務に使う普通のものです。そこには創造性も楽しさもありません。

ディズニーランドを、道路を作っている土木建設業に丸ごと外部委託したら
どんなものができるでしょうか?

見えるところだけ、プロのデザイナーに頼んで絵を描いてもらう、そんな感
じのところが今のコンピューターシステムです。

ちょっと横道に逸れてしまいました。
スキルオークションという業者がやるのではなくて、私のような個人事業主
や零細企業がそれぞれ主張して、お客さんと取り持つような場があったらな
と思った次第です。もちろんお客さんも丸ごと任せずに、知識武装をしない
と、いいものはできません。一緒に考えないと。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed