11月
16
2007

未踏の成果報告

わざわざ京都から未踏の管理会社の方に名古屋に来ていただいた。
未踏の成果報告の説明についてである。

名古屋駅の新幹線改札口で待ち合わせをして、高島屋の喫茶店でお話をした。
成果報告書の最終期限は、12月18日。それはIPA(情報処理振興機構)への届
出期限である。それまでに、PMに届けて評価を受けなくてはいけないので、
もっと前に提出しなくてはいけない。

報告するものは以下のものである。

・成果報告書 30?50ページの報告書(MS Word)
・成果概要書 3ページのPowerPoint文書
・簡易マニュアル 1?2ページ
・プログラムリスト一覧
・プログラムファイル

大変なのは成果報告書となるが、通常のシステム開発と違って詳細なレベル
まで落とす必要はないようだ。とはいっても、まだ開発完了していないいな
いのに、書くのは大変。

12月1日の発表後に1週間ぐらいかけてやろうと思ったけれども、PMが評価す
るので11月末までに欲しいという。うーーー、「こんな感じで書くよ」とい
う程度で抑えておこう。

さらに12月1日に発表する、プレゼン資料もPMが事前にチェックしたいとの
こと。うわぁ、準備が大変だぁ。

プレゼンについて話していたら、デモを見せる環境についても問題になっ
た。サーバーをレンタルしていて、デモなどではそれを使うのだが、、、そ
こへはWebの標準ポート80番しか会場からはアクセスできないらしい。Rails
のデフォルトは3000番だから、ReverseProxyでポート番号を変換しなくちゃ
いけない。

またデモも時間が限られているため、トラぶったり反応が遅かったりすると
全部見せることもできないことがある。もしできれば、事前に画面キャプ
チャーで動画をつくってくれるといいなぁって。

ええぇええ、言っていることはわかるけれど、そんな時間は....
しかし、操作一つ一つ手間取っているよりは、実際にその場で動いていなく
ても、さらっと概要をつかめる方がお客さんにとってはいい。

帰社してから調べてみた。
無料で画面を動画キャプチャーできるソフトは以下のものがある。
上3つは動画映像に適したものなのであるが、今回は画面操作という動きの
少ないものなのでCamStudioが向いているかな。

・Windows Media Encoder
・劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ
・カハマルカの瞳
・CamStudio

大事な話は30分ぐらいで終わって、その後世間話をしていた。
趣旨は未踏のことが中心であった。

江島健太郎氏がニッポンIT業界絶望論に、日本のIT業界についてとてもうま
く述べている。私も同じことを考えているが2倍も3倍も上手に書いているな
と感心している。
http://japan.cnet.com/blog/kenn/2007/11/09/entry_25001425/

未踏のプロジェクトがあることは、唯一日本のIT業界に残された希望である
と思う。いろいろな事情があって日本に残っている人が多いが、そうでなけ
ればアメリカへ逃亡する人は多いだろう。

PMの畑さんが社長を勤める、サイボウズラボやウノウラボ、他にもいくつか
あるがそれらの会社で優秀な人たちが集まっていい雰囲気をつくり、相乗効
果でいい結果を出して欲しいと思う。

国籍を気にせずコスモポリタニズムであるならば、Googleなどのアメリカの
企業が恵まれていると思う。だが、海外に行くとついついナショナリストに
なってしまう。

日本のことはあまり好きになれなくても、自分と同じ価値観を持ち、自分を
守ってくれる、そして自分が恩を返さなくてはいけないのは、やはり日本だと。

いつも人に会わないから、こういうときにしゃべりすぎてしまう。
私の悪い癖は小さな声でしゃべっていると、だんだんとぼそぼそとなって発
音が悪くなってしまう。相手の声も良く聞き取れない。
それで声のボリュームを少し上げて妻に話すと、「耳が痛いから小さな声で
しゃべって」といわれる。字も丁寧に書こうと思えばかけるのだが、ついつ
いぐしゃぐしゃになってしまう。
まあ動けばいいじゃんという感じだが、

ついつい話が長引いて、
いかんなぁまた迷惑をかけてしまった。。。
話は聞く方に回ろう。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed