10月
30
2007

息子の歯の矯正が始まる

今日仕事を早引きして、息子のために歯医者へ行った。

前回は妻が息子と同行して行ったが、歯医者と妻の間でうまくコミュニケー
トできなくて、後日私が電話で先生と話した。おおよそのことが分かった。
その後、妻と話して、母と話し、インターネットでいろいろな情報を掴んで
判断をする。

総合的に判断して、息子の自費治療を始めることにする。

午後4時過ぎに会社を離れ、家に向かう。
帰宅途中、ねずみ捕りをやっていて。いつものようにあそこでスピードを上
げていたら、捕まるところだった。歯医者にも遅れるし、罰金も....

午後4時半に自宅で妻を拾い、小学校へ向かう。
息子は放課後のトワイライトスクールへ行っているからだ。
午後5時少し前に歯医者に着いた。
お金持ちの街にある品のある歯医者という感じだ。近所の人に尋ねて評判の
いい歯医者を尋ねたらここだということだった。

さつきデンタルクリニック
http://www.satsuki.ne.jp/
(しかしこのあたりは歯医者がやたらと多い。歩いて10分以内のところに
4?5軒ぐらいあるのでは)

少し待って治療室へ通された。
先生から詳しい話をしていただいた。
矯正には30種類ぐらい方法がある。他の矯正専門歯科医院には50万円と
いうパック料金もある。ひどい場合は大学病院を紹介する場合もあるし、お
客さん自身がいろいろ調べて判断されるのがいい。

こちらの歯科医院は子どもの矯正で30?40万円かかる。
高校生になって成長が止まってから更に矯正する必要があるかもしれない。

そのときまでにかかるトータルの料金の概算を尋ねた。
治療に関してのお客さんの判断と、そのときの状況によってばらばらである
とのこと。まったく治療をしなくてもいいケースもあるし、100万円以上
かかることもある。大学病院で手術を伴う場合は200万円かかることもある。

そして40歳、50歳になっても矯正が必要なこともあるし、一生かかわっ
ていくことになるかもしれない。持論では成長期に手当てをしておけば、将
来抜歯をしなくてもいいかもしれないし、費用もトータルでは抑えることが
できるかもしれない。

ただし小児での治療は、本格的な矯正ではなく、まず上下の歯の噛み合わせ
を直すことなので、息子の場合は下の歯を広げることに努めるとのことだ。

私と妻は多少出っ歯気味ではあるが、歯並びはいいほうだと先生は褒めてく
れた。だからたぶん息子さんも成長してからは矯正は必要ないかもしれない。

私はいいことも悪いことも情報を公開していただけるのが一番いい。
妻と話してこの先生にお願いすることになった。

今日はとりあえず、矯正具をつくるための歯の型をとって、レントゲンを撮
影した。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed