10月
19
2007

ラマダンの断食をやってみた

奥さんと喧嘩中で、昼のお弁当を作らなくなった。
朝食・夕食は作ってくれるが、何もいわずに、そっと出してくれる。

お昼は、お弁当を買うかそれともパンかカップラーメンでも買ってみようか
と思っていた。ちょっとメタボ状態なので、昼抜いてしまえ?。

それから昼抜きが3日経った。

朝は7時すぎの日の出後なので、ラマダンの日の出前とは違う。
でも夕食は9時前後で、日没後2時間ぐらい経っているので、まあマレーシ
アあたりのラマダンと思っていただければごまかしがきくかな。
(ラマダンは10月13日で終わったそうですね)

昼食抜きはどうなるかと思えば、身体の調子が変わった。
何か元気がない。
昔中国の僻地(シーサナパンナで1週間、1日1$(当時150円)で過ご
すということをした。1泊2元、3食で4元ぐらいだったか。当時公定レー
ト1元40円で、闇で25円ぐらいだったか。
野菜中心だったのでふらふらとしながらも生きていた。覇気がないという
か、闘争心がない。平和主義者だ。そのときの状態かな。

1週間ぐらい前から間食を止めた。
最初の頃は間食の時間になると、お腹がぐぅーとなったりしたり、お菓子の
ことが気になっていた。

だんだんそれになれてきたら、お腹はならないしお菓子を食べたいとも思わ
なくなった。そしてお昼になってもお腹が空いた感じがしない。

お腹は空かないが元気がなくなってくる。行動が重くなってくる。
身体の脂肪を溶かして、栄養素を作って血液中に流そうとしているだろうけ
ど、代謝がゆっくりなのかもしれない。

朝食も夕食も、お腹が空いて食べるという感じでもない。
「食べないと元気でないかな」と考えながら食べている。
夕食もあまり食べたいとも思わない、与えられたものを食べるだけで、それ
以上食べようとも思わない。

妻に「今晩の夕食はつくらない」と言われても、「あっそう」と言ってその
まま寝てしまうような気がする。

でもお腹の脂肪はなかなか減らない・・・・

ラマダンとか飢餓とかは、実際に体験しないと本当のことがわからないのだ
が、また一つ経験したといってもいいのかな。いや?まだまだ。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed