10月
17
2007

やめてぇ?不用品を送るのは

今日、家に帰ると妻が大きなダンボール箱に服やおもちゃを詰めていた。

1シーズンに1回か、半年に1回ぐらい、フィリピンの実家へ不用品を送っ
ているんだ。バリクバヤンボックスと言って、日本の業者が1万1千円で宅
配してくれる。

大きな箱の料金込みで、日本では佐川急便が引き取りに来てくれる。
その後、コンテナに詰められてフィリピンへ運ばれ、さらに地方の妻の実家
へ送られる。

子どもは成長が早いので、子どもが大きくなって着れなくなった服や靴、小
さなときに使っていたおもちゃ、そして新しく買ったプレゼントなどを送る。

妻の兄弟は他に8人、おいやめいの数は26人だったかな。
我が家の子どもよりも小さい子は多いので、それらがいづれかのおいやめい
に使われる。私も太ったので、結婚前のやせたときに着ていた服やジーンズ
なども対象になる。

ただ問題だと思われるのは、不要かどうかの判断だ。
私がまだ使っていた電化製品やパソコンのパーツ、ゲーム類などが、いつの
間にか送られている。「あれっ、どこへいった?無くしたかな?」と思われ
るものが、フィリピンへ行ったとき見つけたことがある。後で取り返したい
と思うほどのことがないのだが、使い古いしたヒゲそり、日本語環境でしか
使えない古いDOSパソコン、小さなゲーム、私のトランクス。

私のトランクスは、使っていたけれどまだ捨てるほどではないというもの
だった。太ってきたので、妻が送ったのだ。

フィリピンは、下着としてのトランクスはないので、義弟がショーツ(短い
ズボン)として使って歩いていた。もちろん、前の口は開いている。

この不要品を送ることは、夜中までごそごそやっているし、間違って不要品
でないものを送る可能性があるし、恥ずかしいものを送ってしまう場合がある。

妻に「やめてくれ」と言ったら、逆ギレされてしまった。
昨日までうまくいっていたのに、脆い関係だな。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed