8月
02
2007

引越しは2度としたくない

とうとう引越しの日がやってきた。

・引越しの直前準備

最後にLANケーブルの配線を外す。息子のパソコンにつながっているのも外
す。既にダンボールの箱が山と積まれているので、その後ろに手を入れて外
すのは一苦労。

冷蔵庫も電源を切り、料理に使ういろいろなビンや食器、生活用品などをダ
ンボールに詰め込む。妻はこの際だからと掃除を始める。結局夜中の3時く
らいに終了。冷蔵庫は電源を切ったけれど、冷蔵品や冷凍品が少し残ってい
るので、冷蔵庫の中に入れたまま余冷で保管する。

いろいろなゴミが出てきて、不燃ごみが6袋。可燃ごみが2袋できた。ちょ
うど明日の朝が不燃ごみの回収でよかった。

翌朝、6時半に起きて簡単な食事。菓子パンと豆乳の紙パック。そして冷蔵
庫の中身をダンボールに詰める。なんとか間に合う。私の両親が応援でやっ
てきた。

・引越し開始

ほどなくして引越し屋さんが3人やってきた。荷物の確認をして代金を先に
支払う。そして部屋を傷つけないように、先に搬出する経路の壁を傷つけな
いように、硬い紙のようなものを張る。

引越しはトントンと運ぶ。3階から1階まで階段で降ろすから大変だろう
なぁ。あっ、照明を外すのを忘れた。慌てて踏み台を使って外すが、1つソ
ケットの部分が壊れてしまった。照明の接続部分が硬くなって、それで力が
入ってしまったらしい。もう古いものだからなぁ、ダメになっていたのか
な。エアコンは別の業者がやってきて取り外して、トラックに積む。

1時間半ぐらいで全ての荷物を運ぶ、私たちは貴重品を持って引越し先へ行
く。途中でスーパーに立ち寄り、お弁当を買った。

・引越し先

引越し先には11時半ぐらいに到着。

引越し屋さんが、まず荷物の置く場所を尋ねる。
まず壁に硬い紙を張り、荷物をてきぱきと詰めていく。1時半頃には終了。
引越し屋さんが荷物を運んでいる最中、私はスカパーのアンテナを取り付け
たり、テレビ・DVDレコーダー、ゲーム機の配線、電話の配線をしていた。

引越しの最中にガスの確認をしにきた。ガス漏れ警報機もリースで毎月300
円弱の契約をする。

2時過ぎにエアコンの取り付け工事の業者が来た。
冷却ホースが長いもの(5m)に交換する必要があり、それが13000円かかると
いうことになった。スカパーのアンテナケーブルもついでに通してもらっ
た。エアコンを取り付けたあと、何かウーンウーンと音がするようになった
のは気のせいだろうか。

家具は指定した場所においていただいたのだが、ダンボール箱が山のように
なっている。片付けていかないといけないが、、、、、

私は母を地下鉄の駅まで送るのと、ガスコンロにつけるケーブルがまだ手に
入れていないため、野並のヤマダ電機まで行く。母を野並駅で降ろしたが、
かえって遠くなってしまった。

・転入届

ヤマダ電機でこのガスケーブルだよと買ったケーブルは、結局業務用のケー
ブルで間違っていたようだ。結局在庫がないということで、瑞穂区役所へ行
く。転入届を提出し、国民健康保険、国民年金、児童手当の届けを出す。た
だ妻が外国人なので、パスポート・外国人登録済証明書を持参して届けをし
なくてはいけないが、本人は片づけをしているので後回しになった。

後日、妻の名前が国民健康保険・国民年金に登録されることになった。
その時間は30分ぐらいですんだ。

自宅に戻って、段ボール箱の片付けの手伝いをする。
夕食は昼の残りを食べて済ます。その後、近所のスーパーが休みなので、八
事のジャスコで買い物。ジャスコのスーパーはちょっと高い。ガスケーブル
とガスソケットを見つけることができた。

・ガスコンロの火が点かない

自宅に帰って、ガスケーブルを設置。
でもなかなか火がつかない。電池は入れたばっかりだ。ガスの音がシューと
なるし、においもする。何度やっても点かない。マニュアルをもう一度読む
と、ガスケーブル内に空気が入っているせいだという。10秒ぐらい押してい
たら、火がついた。やれやれ。

・ダンボール片づけが夜まで続く

ダンボールは1/3ぐらい空けた。残りは廊下に積んである。使い終わった段
ボール箱はガムテープを取り外し、たたむ。引越し業者に連絡すると、一回
だけ引き取りに来てくれるという。シャワーを浴びようと思ったが、シャン
プー・リンスはあったが、石鹸が見当たらない。いろいろなものがあっち
こっちにあるようだ。

少しずつ片付けて、台所に段ボール箱がなくなり、和室の寝るところもとり
あえず荷物を退かす。なんとか寝る場所が確保できた。

もうぐったり。

今回の引越しでは、娘は「自分の部屋ができた」と言って大喜び。息子も自
分の部屋ができた。妻も気分が新しくなって喜んでいる。私は職場に近く
なったものの、ますます私物がなくなっていった。本棚に残る本ぐらいかな。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed