7月
25
2007

シビックフェリオのETC取り付け

私の愛車は先日11年目の車検を受けたばっかりの、シビック・フェリオです。

車検9年目までは3万キロも走っていなかったのですが、この2年で6万キロに
いく勢いです。これも毎日往復50kmの通勤で、1ヶ月に1500km走っているせ
いかもしれません。このところのガソリン代の高騰にはちと泣かされています。

まあ車はエンジンは元気なもののぼろぼろ状態です。
カーナビもついていない車なので、ETCなんて必要ないかもと思っていまし
た。ところが、YahooでETC搭載機が0円キャンペーンをやっていたものです
から、申し込んでしまいました(楽天ブログだけど大丈夫かな)。

http://card.yahoo.co.jp/campaign/etc/200705jrs/syasaikimuryou.html

車検証と免許証のコピー、そして申込書を書くぐらいでした。
ほとんどは無料になりますが、ETCを車に取り付けるのは実費になります。

えーい、自分でやってしまえー。
(業者に頼むと5000円強かかるそうです)

基本的な取り付け方はマニュアルに載っています。しかし電源を取る方法が
よくわかりません。車のキーを入れたときに、電源がオンになるようにすれ
ばいいようです。

方法は3つあります。

1. ヒューズボックスから電源をとる
2. シガーソケットの裏側から電源を取る
3. シガーソケットからとる

3は車でカーステレオやカーナビを臨時に取り付けるときに使う方法です
が、安定していないし、他に電源を取る必要があるかもしれません。
私もレーダーを充電するときにここを使います。

1は、部品を買ってくれば簡単に電源をとれるそうです。ただどこにつなげ
ればいいかよくわからなかった。
それで私の場合は2を選びました。

ダッシュボードの下の部分を取り外します。
最初はシガーソケットの電源がよくわかりませんでした。ただ運がよいこと
に、下から出ているコネクターがシガーソケットの電源であることがわかり
ました(図1)。何度もコネクタをつけたり外したりして、車のキーをACC
とオフを繰り返してわかりました。さらにこのコネクターには3本のケーブ
ル、黒、赤?、黄のケーブルがあります。テスターを使って、黒がアース、
黄が12V+であることがわかりました。

コネクターの根元にはダクトがあったので、ちょっとニッパーで切り取り、
そこにETCのケーブルを噛ませた(図2)。

さて、アースはどうしようか?シガーソケットのコネクタの黒ケーブルにか
ませてもいいが、車のフレームにつけるという手がある。ただダッシュボー
ドを支えているねじはとてもきつく取れそうもない。ダシュボードに挟み込
むジュース受けのところにねじがあったのでそこにアースを取り付ける(図
3)。ジュース受けを取り付けるときはねじで閉めたときに車のフレームに
つながる。

これで取り付けてみたら、成功!

さて、ETCの本体をどこに置こうか?マニュアルでは、ダッシュボードの側
面やギアシフトレバーの右側に両面テープで固定とあるが、、、ヒューズ
ボックスを隠しているコインケースは使えないだろうかと検討してみると、
ぴったり収まった(図4)。余ったケーブルはくるくる巻いて、コインケー
スに入れ、電源やアースケーブルもアクセルやブレーキの上側にある既存の
ケーブルにひっかけたら、きれいになった。

試しに、ETCカードを入れてみたら、音がピーッと鳴って緑色のLEDが
点いた。成功したみたい。
コインケースを閉じれば、外からはETC本体があることに気付かないでき
ばえ。アンテナのケーブルがあるのでばれてしまうだろうが。。。

とりあえず2時間ぐらい取り付けに時間をかけてうまくいった。やった
ね!! これまで車はいじらなかったけれど、車のハッキングにも興味を持
ち始めた。そのうちプリウスをいじってみたいなぁ。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed