7月
14
2007

引越しの手続き(公共料金編)

引越しはいろいろ仕事があるなぁ。

電気、ガス、水道、電話、新聞、学校の手続きなどがある。
転出、転入の手続きはまだ先になるが、引越し自体が大きな仕事。
妻も家で毎日こつこつと荷物をダンボールに詰めていてくれる。いらないも
のはこの際捨てるし、使えるものはフィリピンへ送るそうだ。

電気、ガス、水道、新聞とも、今の時代はインターネットでできるようだ。
例えば、「中部電力 引越し」で検索すれば、その届けをするページかそれ
に近いページが出てくる。

電気の場合は、新居をチェックしたときも明かりがついたので、契約期間外
でも少しは使えるようだ。しかし独身のときに引っ越したときは、契約期間
外の分も支払うことになった。少しだけどね。
同じ中部電力なので、引越し前と引越し後の両方の住所で同時に依頼するこ
とができた。

中部電力のインターネット申し込み
http://www.chuden.co.jp/tetsuduki/tetsuduki/

ガスもインターネットでできた。

東邦ガスのインターネット申し込み
https://service.tohogas.co.jp/

こちらも元栓は屋外になるので退出時は立ち会わなくてもいいが、使い始め
るときはきちんとガス器具が動くかどうかのチェックがあるらしい。先日ヤ
マダ電機でガスコンロを買ったけれどもガスパイプを買わなくっちゃ。お風
呂のガスもチェックが入るので、事前に電気と水道を通しておかなくちゃい
けないらしい。

しかし引越しは同時になるよね。水道、電気、ガスという順番どおりにくる
のだろうか?ちょっと心配だった。私たちの場合は、引越し前にエアコンを
つけたりするので事前に新居に入っている。そのときトイレが使えないと面
倒なので、水道には先に連絡した。

水道は市町村単位なので、転出する知多市はまだ連絡できていない。知多市
は電話で連絡するか直接市役所へ行かないといけないらしい。一方、名古屋
市はインターネットで申し込みができてしまった。さすが大都市だ。

名古屋市水道局のインターネット申し込み
http://www.water.city.nagoya.jp/user/order/

新聞はどうかなと思っていたけれど、インターネットで探したら見つかった。
中日新聞の引越しサイト
http://www.owari-chunichi.com/sunks/sunks.html
非常袋をプレゼントとしてもらうことにしよう。
(sunksは、Thanks の意味だと思うんだけれど…)

電話とADSL回線についてもインターネットで可能だ。

NTT西日本のインターネット申し込み
http://www.ntt-west.co.jp/shop/tel/list_n.html

新居先は小さくちょっと古いマンションなので、どうも光プレミアムが使え
ないらしい。まあしかたない。ADSLが通じるのでいいか。

翌日NTTからメールで返答があった。「新しい電話番号3つのうちどれを選
ぶか」「ADSLの利用についてベストエフォートであることを了解するか」
「旧住所の電話をいつまで使用するか?」という質問であった。

最後の問い合わせについては、1週間ほどは重複して可能だということだ。
両方あれば何かと便利かもしれないが(電話機はないけれど)、携帯がある
から特に必要ないよね。

ADSLについては調査をしてくれていて、NTT交換局まで1340m、伝送損失19db
だそうだ。現在、NTT交換局まで5160mで伝送損失が44dbに比べれば随分いい
なぁ。とりあえず今と同じ、フレッツモア(12Mbps)でお願いしていたが、
「モアスペシャル」に変更をお願いした。料金もほとんど変わらないし、今
のADSLモデムがそのまま使えるので、どうせなら多少でもいい方がいいよ
な。上りも3Mbps, あるいは5Mbpsまで使えるそうである。実際には、下り
10Mbps, 上り2Mbpsぐらいではないかと思うが、十分だ!!!

中部電力も東邦ガスも確認メールが届いて、これで完了。
名古屋市の水道局は携帯に電話があった。
新聞はまだ返答がない。

小学校の転校は2学期からなのでゆっくりしてもいいのだが、転校先の陽明
小学校へ電話を入れた。最初に出た事務担当の人はすごく丁寧な言葉だ。な
んか私立の立派な学校みたい。手続きは区役所へ転入届をすれば自動的に手
続きが終わるみたいだ。名古屋市は越境入学を認めていない、だから住所で
小中学校が決まる。

「何か気になるところがありますか?」と尋ねていただいたので息子のこと
を話した。教務主任の先生に代わり、全てを話す。8月に一度学校に行っ
て、相談しましょうということになった。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed