6月
20
2007

水虫ぃ

汚い話題ですみません。

前にも一度ブログに書いたような気がしますが、また水虫が再発して格闘し
ている最中です。
http://plaza.rakuten.co.jp/solis/diary/20070323/

だんだんと暑くなってくると、革靴の中が蒸れてきて、水虫が喜んで繁殖し
はじめたようです。日本の気候は、革靴は似合わないかもしれません。

革靴でも通気性のよういものとか、靴下も「通勤快足」のようなのがいいか
もしれませんね。

フリーの立場ですから、なるべく通気性のあるスニーカーを履こうと思いま
す。本当に足が涼しい。

今回も水虫の即効治療として、沸騰したお湯で温めたナイフで、ジュワーと
患部を当てられています。拷問です。でも「やめて」というと止めてくれま
す。これで止めてくれなかったら本当に拷問でしょう。

妻は私が「熱い」と言って足を動かすのを、ニヤリとして笑っています。私
は、いたーいといいつつだんだんと痛いのが快感に変わってきています。実
は私はマゾっ気があり、妻はサドっ気があるのかな。

最近、未踏の仕事も頭の中でアルゴリムが滞り中です。
自分で道を切り開いていくのは大変。少しは楽をしようとライブラリーを探
すのですが、なかなかいいのがありません。誰でも苦労しているんだろうな
と思いながら、一歩一歩前進するしかありません。

そのほかに家庭のことやら、他の仕事のこと、頭の中は20件ぐらい常時抱
えており、何かふと忘れてご迷惑をかけるのではないかと心配です。

人間はマルチタスクではないのですね。
シングルタスクでたまに切り替えて別のことができる程度。MacOS 7や
Windows 3.1時代のノンプリエンティティブなマルチタスク処理です。前の
仕事が一段落つかないと、次の仕事に移れない。

ノンプリエンティティブというのは当時の流行の言葉で、難しいので覚えてしまいました。

時間を区切って仕事を切り替えるのがプリエンティティブな処理で、区切りの良いところまでやってから次のことをまた区切りの良いところまでやっていきながら、ぱっと見ると同時にやっているように見えるのが、ノンプリエンティティブな処理と言われます。

ノンプリエンティティブの効率がいいのですが、区切りをうまく見つけないと別の仕事ができないという弱点があります。
それで今のOSは、プリエンティティブです。

聖徳太子のように同時にいくつもこなせるのは、マルチCPUだからでしょうか。

ふぅー、家庭のことで頭が一杯。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed