6月
18
2007

弁護士の懲戒請求について覚書

日曜日にふとテレビを見ていたら、弁護士について誰でも懲戒請求をするこ
とができるそうだと言っていた。それならば、「殺された側の論理」を読ん
だ私としてできることは情報を調べることだ。

とりあえず、懲戒制度については以下のように書かれているが、各都道府県
単位の弁護士会に対して懲戒請求を誰でも提出することができる。

あと、最高裁で直前で判決を先延ばしにさせて安田弁護士と足立弁護士につ
いては、被害者のことを思うと許せないと思ったので、一番下にある検索
ページから情報を載せておいた。ただ、これだとGoogleなどの検索対象にの
り、必要以上に2人の弁護士に対して圧力がかかると思ったので、一度削除
した。もしみなさんが調査したいときは、それぞれ検索して見つけてほしい。

気が変わったら、スクレイピングで一気に一覧表をつくることも考える。あ
くまでも弁護士の考え方については異論を挟むが、人格までも否定する気は
ない。

弁護士の懲戒制度について
http://www.nichibenren.or.jp/ja/autonomy/tyoukai.html

Wikipediaより
光市母子殺害事件について

安田好弘 弁護士

足立修一 弁護士

広島高裁差し戻し弁護団21人(2chより、間違っていたら修正します)

安田好弘 弁護士
足立修一 弁護士
今枝仁 弁護士
松井武 弁護士
本田兆司 弁護士
鈴木泉 弁護士
関原勇 弁護士
八尋光秀 弁護士
高村是懿 弁護士
本多俊之 弁護士
大野貴雄 弁護士 ← まるおさんのコメントより間違っているとの指摘あり(調査中)
浅井嗣夫 弁護士
青木孝 弁護士
井上明彦 弁護士
村上満弘 弁護士
新川登茂宣 弁護士
山崎吉男 弁護士
北潟谷仁 弁護士
大河内秀明 弁護士
小林修 弁護士
河井匡秀 弁護士
山田延広 弁護士
新谷桂 弁護士

弁護士の検索方法
http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/index.cgi

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed