6月
10
2007

住民税がかかるとは知らなかった

名古屋市から税金の通知がありました。

市民税と県民税を払ってくださいという通知でした。あれっ、私は知多市に
住んでいるんだけどと思ったら、事業所を開いている個人事業主は均等割分
を払わなくてはいけないそうです。

名古屋市分 3000円+ 愛知県分 1000円 = 計 4000円 です。

えっ、そうなの。知らなかった。

自宅に戻ると、私宛ではなくて妻宛に県民税・市民税の通知がありました。

あれっ、妻は個人事業主の専従者として年間所得は1,032,000円 (毎月
86,000円)です。
これならば所得税は払わなくてもよい、ぎりぎりの金額です(厳密に言えば
年間104万円だったかな)。その代わり配偶者控除はありませんが、税制で
はこちらの方が有利かなと思いまして。もちろん妻にはいろいろ仕事の面で
も役に立っています、弁当とか掃除とか、、、、。

妻の所得から基礎控除などいろいろ引かれて、382,000円が所得となりまし
た。その所得に対しての市民税と県民税が6,600円かかるようです。

所得を妻と私に分けた方が、全体としてはわずかですが節税になるのでそう
したのですが、妻に地方税がかかるとは思ってもみませんでした。

住民税にかかる98万円の壁ってあるんですね。知りませんでした。
http://allabout.co.jp/family/hw4di/closeup/CU2xxx-xxx-xxxxxr/

給与所得控除65万円に基礎控除33万円を足した、98万円を超えた額に対し
て、5%かかるというものでしたが、、、ちょっと変わったようです。

さきほどの382,000円が総所得金額となり、そこから33万円を引かれた
52,000分が課税所得となります。

今年からその1割である、5200円が住民税ですが、2500円分が控除になり、
さらに均等割として4000円が足されています。

5200
2500 –
4000 +
——-
6600 ?

これからは、市町村によって93万円?100万円と幅がありますが、それ以上
の人は均等割を払わなくてはいけないかもしれません。

うちの場合は98万円より52000超過した分で、6600円払うことになったので1
割強かかったことになります。

まあでも全て私の所得にするよりはましかな。

参考
http://okwave.jp/qa2198462.html
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeisei8/zes8_6_2.htm

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed