6月
04
2007

経営理念ふたたび

ちょうど今、あいちベンチャーハウスで会社案内を作成している。
1年前に作ったのだけれど、毎年作るらしい。1年前は最初の1回だけだと
思っていたのだが、毎年更新するようだ。あいちベンチャーハウスの予算で
作成されるので、基本は無料だ。

昨年はA4の4色の案内だったが、今年はデザインに手を加えようという話が
あった。このあいちベンチャーハウスにはデザインをする会社がいくつかあ
り、この出来合いの会社案内はお客さんに見せることもできないとして処分
するとこところもあったようだ。

どのような会社案内にするかはみんなで決めたのだが、A5サイズのコンパク
トなカード型のような感じになる。デザインはあいちベンチャーハウス内の
モンキーワークスにまとめてもらって、情報はそこに流し込む形になる。

前作よりもぎっしりと濃縮した形になる。あいちベンチャーハウス全体とし
ての調和が必要なのである程度フォーマットが決まっている。定型部分とフ
リー部分に分かれている。定型部分は、会社名や代表社名、住所、電話番号
など基本的なもの、フリー部分で会社独自で表現したい部分は以下の3通り
となる。

(1) フリー部分を自分でイラストレーターでデザインする
(2) フリー部分はあらかじめデザインされた部分にデータを流し込む
(3) フリー部分をモンキーワークス社のプロのデザイナーに依頼する(時価)

ところで今回も、経営理念やコンセプトを書くことになるのだが、昨年と
フォーマットが変わったので文字数を減らさなくてはいけない。

そこで、もう一度経営理念などを考え直すことにした。

起業支援ネットの「起業の学校」で、この経営理念を頭から搾り出すのに苦
労した。本当に自分のやりたいことはなんだろう?本当に何をやるべきか?
考えぬこうとすると、自分の人生観までぶちあたる。

その結果、起業を取りやめた人、起業をする代わりに本当に自分のしたいこ
と医者になろうとした人もいた。私も当初は「みんなの役に立てばいい。な
んとか喰っていけるだろう。」という軽い気持ちでいたが、『本当にするべ
きこと、したいこと』をするために起業をした。

人生は一回きりで、「いま自分がするべきことが他人がやるのを待てばい
い」というだけでは誰もやらない。その道が苦労を伴うならば、まずは自分
が道を切り開けばいい。

そうだったよな、1年半ぐらい前のことを思い出した。

ビジョン、事業計画というのは変わりつつあるが、自分の哲学のような経営
理念というのはなんとか崩れずにはいる。

次はその経営理念に賛同してくれる人や近い人を巻き込んで、いえ巻き込ま
れながら、次のステップへと行くことだろうな。

そのためにも経営理念をちゃんと書き直さないといけない。

ちなみに去年、会社案内に書いたのは以下のようなもの。起業の学校のとき
とぶれてはいないんだけれど、やさしい気持ちで書いてしまった。もう
ちょっと会社らしく書き直そうと思う。主旨は変わっていないのだけれど。

● 経営理念

1. 愛する人のために尽くす
あなたの愛する人を思い浮かべてください。その人のために自分を奉げてく
ださい。みんながそれぞれの愛する人に身を捧げて、尽くせば、きっとよい
世の中になると思います。そして会社としての存在意義があると思います。

2. 楽しく生きる
あなたのかけがいのない一回限りの人生です。同じ生きるのならば、一緒に
楽しみましょう。苦も楽もあり、喜びも悲しみもあるかもしれませんが、そ
れも人生です。楽しんでことにあたれば、いいものを生み出すに違いありま
せん。

3. No Regret, No Surrender, Never Never Never Give up!
(後悔するな、屈服するな、成功するまであきらめるな!)
何をするにも後悔しない、だめだと思って降伏しない、屈服しない。何事も
成功するまで、決してあきらめない。失敗と は、あなたがあきらめたこと
です。失敗しても失敗しても、やりつづければそれは失敗ではありません。
あなたが夢を描いている限り、その夢は消えることはあ りません。いつか
達成される日があると思います。

● ミッション・ステートメント

1. コンピューター技術を新しく生み出し、世の中に貢献する
2. お互いに技術と人間性を高めて、愛と知恵の会社を創る
3. 何でも楽しんじゃおう

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed