5月
28
2007

親ばかモード:娘はすごい

地元知多市の小中学校の陸上競技会がありました。娘が出場するというので、
家族で応援しに行きました。

陸上競技の記録が良くて希望する人が、市内の小学生から選ばれて、知多市
の全ての小中学校の生徒が参加します。
100m走、400mリレー、走り高跳び、走り幅跳び、ソフトボール投げ、長距離
走があります。

娘は小学校でバスケットボールクラブに入っていて、同じクラブの人が参加
するからというので一緒に参加したそうです。400mリレーは補欠になりまし
たが、走り幅跳びの選手に選ばれました。

(私も同じ小学校で6年のときに走り高跳びに参加しましたが、補欠にも入
れてもらえませんでした。それについての話はブログに書いたっけな?)

息子は小学校1年、2年と運動会のリレーの選手に選ばれて、「おっ、すごい
じゃん」と思いましたが、娘も運動神経が良かったなんてびっくりです。

写真はちょうど娘が走り幅跳びを始めるところです(顔が小さく分かりにく
いので、娘からOK出ると思う)

結果は、2位でした! おめでとう!!!
http://plaza.rakuten.co.jp/sayuri1995/diary/200705270000/

私は運動神経が良かった母に「あんたは運動神経悪いからね。父親に似たの
かな。」とさんざん言われてきました。中学校1年のときにバスケットを始
めたとき急に足が速くなったりスポーツが得意になってきたのですが、それ
からやる気を失いました。先日母が「あんたはやらなかっただけかもね。」
と言い直していましたが。

それとも娘も息子も、妻のフィリピンの血を受け継いだのでしょうか。
野や山をかけめぐり、ココナッツの木にも登る、自然児の血を受け継いだの
か。妻はスポーツは苦手ですが、妻の兄弟は元気で得意なようです。フィリ
ピンには運動会や競技会が日本のようにあるわけではないためわかりませんが。

祝賀パーティということで(妻がいつの間にか企画して)、半田の(ブログ
に書いた)マリノへ行きました。その後、妻とは1週間ぶりに仲直り。めで
たしめでたし。

しかし、娘はすくすくと育ってきてうれしいです。
私はひがみ根性で劣等感の塊ですが、スポーツもやり、勉強もそこそこ、本
が好きで、友達ともいい関係を築けていているのはすごいことだなと思いま
す。本人にとっては大変な思いでそれぞれやっているんでしょうけれど。

親ばかモードでいえば、娘は妻に似て器量よしだと思います。欠点は私に似
ているところもあり、眼の辺りと足が太くて大きいところ。肌は妻に似て浅
黒いです。

娘は父親にとって理想の女性なのかもしれませんね。だから娘が結婚すると
きは、別の男に取られてしまうと辛く感じるのかもしれません。

息子もまだまだですが、がんばっているようです。

私も子どもに負けないようにがんばらねば。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed