5月
20
2007

癒しを感じるソーシャルネットワーク

東海インターネット協議会が、事務所が入居しているあいちベンチャーハウ
スでSNSに関するセミナーを行った。

http://www.tokai-ic.or.jp/web-content/whatsnew.html

第1講演
原田和英さん
「巨大人脈をつくるSNSのチカラについて」

第2講演
講師: 安藤建一
「オープンソースとしてのSNSソフトウェア開発の裏話」

原田和英さんは早口でパッパッとSNSについていろいろ話されていたが、SNS
に関わることがよくわかった。SNSの特徴やこれからのSNSについての話が
あった。

SNSとブログや掲示板との違いは、前者は「人を繋げる」ということが目的
でSNSにあるコミュニティや掲示板、日記というのはその手段であるという
こと。後者は技術的なカテゴリに属するもので、比較対象にはならないとい
うことだそうだ。

彼のHP(http://www.kazuhide.com/)を見せていただいたが、とても賢くチャ
レンジブルな人のようだ。若くしていろいろ体験して、人生を早く駆け抜け
ている。彼がお金持ちで、才能に恵まれ、ルックスも良いというところを除
けば、20代の頃の無謀でチャレンジブルなところが自分と交わるところもあ
るんだなと思った。

第2講演の安藤さんは、UsagiというSNSプログラムの開発者の一人である。
オープンソースのSNSとして有名なOpenPNEが改良ができないという問題があ
ることがわかり、独自のSNSとしてUsagiという開発が今年から始まったそう
で、その開発に関わっている。http://usagi.mynets.jp/

私も起業支援ネットメンバーのSNSを立ち上げてみたが、それはOpenPNEで構
築した。プロフィールのカスタマイズはできたが、それ以上はハードルが高
そうである。

安藤さんは同じ建物にいて今後何かと相談できそうな気もするので、起業支
援ネットメンバーのSNSもUsagiに変えようかな。まずはあいちベンチャーハ
ウスでSNSを立ち上げなきゃね。

この講演の前に驚くことが起きた!
Ruby on Railsでチマチマ作っているがすごく便利なプラットフォームであ
ると感じる一方で、バージョンアップが早くWebや参考書籍などを見てもそ
のまま動いたりしない。ちょっと聞けばわかるようなことなんだけれど、一
人でやっているとすぐに行き詰まってしまう。

そのため「Ruby東海」というコミュニティを開かせていただき、その勉強会
を始めようと思った。たまたまその意思表示をしたことが縁で大学の先生と
お知り合いになった。その先生の研究テーマのタイトルが「スクレイピング
とスパイダリング・・・・」。おぉ、私の開発テーマとダブル。早速、挨拶
をさせていただいてこれからなんらかの連携を取れるといいなと思います。
RubyのメーリングリストやSNSを介して知り合うことができ、またこの講演
にも来ていらっしゃいました。不思議な出会いです。

それから、起業支援ネットの「梅の家」へ行った。
16時からであったが、講演があったので18時すぎになった。
前のSNSの懇親会ともバッティングしていたが、こちらへ行くことにした。

来てそうそう、起業支援ネットメンバーのSNSについて話があった。その後
でもSNSが必要だという話をいただいたが評価が高そうだ。パソコン操作が
不慣れな人に対して、講習会など何か操作しやすいようにしないといけない
が、、、、ゲームにあるような基本操作を触りながら学んでいくチュートリ
アルのようなものがあればいいなと思う。

起業支援ネットでもホームページやSNSなどについても考えていらっしゃる
のでその状況待ちではあったが、どんどん進めて欲しいという希望もあっ
た。官製ではなく勝手に自分たちで立ち上げて運営していくというのも、
SNSの性格に向いているのかもしれないとも思った。

この「梅の家」は2ヶ月ぶりぐらいになると思うが、なんとなく癒しを感じ
て心が安らかになってしまう。自宅でも家族が癒しを与えてくれるが、それ
とは種類の違う安心感のようなオーラが漂う。なんとなく精神的な疲れを癒
してくれるところがある。早く帰らねばと思いつつ、ついつい長居をしてし
まった。遅くなることは妻には電話をしておいたが、おかんむりだった(誰
のせいでもありません、私が悪いのです)。

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed