4月
21
2007

名刺の変遷

ビジネスで名刺は必要だ。
名刺なしで仕事をしようと思っていてもうまくいかない。

ただ個人事業主でプログラムを作っているだけだと、あまり名刺が必要では
ないが、名刺は自分を印象強くして覚えてもらうための広告宣伝の一環であ
るので、いろいろ試行錯誤している。

(1) 名刺第一弾

独立して最初の名刺は、自分の顔と資格のロゴを入れて、印象強くした。背
景イメージも入れて、目立つようにしている。

事務所がないときは、自宅の住所と電話番号、そして携帯電話の番号を入れ
た。自宅の電話番号は、知られたくないのでIP電話の番号を入れたこともあ
る。大して変わらないのだが。

自分の名前の上につけるタイトルも時々変えた。

屋号の「ソリスアート」
   ↓
自分の職種っぽい「ITコーディネーター」
   ↓
プログラマーを意識した、「メタプログラマー」
   ↓
シンプルに「ソリスアート 代表」

ITコーディネーターというのは、自分で創作したタイトルだったのだが、既
にそういう資格があることに気づいてやめた。経歴詐称になってはいけな
い。メタプログラマーは単なるプログラマーじゃないよという意味をつけた
のだが、知人の会社「メタプロトコル」を意識した。
結局試行錯誤して、原点に戻った感じだ。

狭い名刺の中に、マイクロソフトの資格MCSE、ロータスノートの資格CLPな
どのロゴも入れた。昔の会社で試験費用などを出してもらって得た資格だ。
それぞれの会社が名刺などに張ることのできるロゴを用意している。格好よ
いと思ったのだが、フリープログラマーならともかく、会社を作ろうとして
いる人には必要ないと思い、止めた。

(2) 名刺第二弾

デザインは自分で作ることはできないが、無料のデザインサイトをいろいろ
めぐって探す。気に入ったのがいくつかあったので、名前や住所などを配置
してみた。一番いいなと思ったのがこれ。

渡した人に後で聞くと、インパクトが強かったという。

名刺を見ただけでも楽しんでもらえないかなと思い、美しいデザインのもの
などを探した。印象派の風景画、錯視図形、モダンアートなどで、いろいろ
と選んだ。著作権の問題もクリアしなくてはいけない。

楽しんでもらえるなら、印刷するごとに変えてもいいと思う。

ここまでは、市販の名刺用印刷用紙に、インクジェットのカラープリントで
印刷したものだ。月に10枚あればいいので、これまでのように印刷するごと
に少しずつ情報を変えたり、デザインを変えればいいやと思っていた。

(3) 名刺第三弾

今年3月、未踏が採択される前のことである。
これからやっていけるだろうか?とまだ不安が強かったときだ。(未踏が採
択されても、未踏を完成させること、それ以降のことも考えれば不安は一杯
だが)

営業活動をしようと思った。
落下傘営業のようにビルごと会社を一軒一軒を回ることはしないが、会う人
に名刺を配っていこうと思った。とりあえずたくさん作ろうと思った。

どんな名刺を作ろうかと迷っていたときに、見つけたサイトがVistaPrintで
あった。

名刺裏にVistaPrintの広告が入ってもよければ、250枚無料だという。
ただ製版料と送料は負担する必要がある。1000円もしない。

デザインをテンプレートから選び、名前などを入れるだけだ。
フォントや配置が選べないなど自由度は少ないが、雲のテンプレートがあ
り、それが気に入った。

http://www.vistaprint.jp/

結局、最後に申し込む段階でさらに250枚追加して、合計で500枚で1307円と
なるので、ええい500枚お願いしちゃえ。

3/31に申し込んで、4/11に届いた。3週間かかる予定が2週間弱で届いた。オ
ランダで印刷して送られてくるらしい。紙質は厚手でしっかりとしている、
ただ雲の青い色がもっとくっきりとしていたらいいのになと思った。でも悪
くないできだと思う。サイズは日本の名刺より若干小さめだが、違和感がな
いと思う。

このVistaPrintは商魂たくましい。
サイトに入ると30分以内で発注するとお得ですといったり、追加でこちらも
無料でできますよといったり、注文後もたびたび無料で別の商品を提案して
くる。本当に無料だといいのだが、設計料と送料で数百円の費用がかかるの
でやっていない。

本当は流行のmooのMiniCardを作ろうと思っていたんだが、ついついこっち
へ行ってしまった。500枚捌けたら、MiniCardにしようかな。MiniCardは写
真をきれいに刷り込んでくれるので、たくさん用意しなきゃ。

http://www.moo.com/

#印刷会社のTさんごめんね。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed