4月
10
2007

ソフトバンクのパケット料金怖い

妻と私は、3月からウィルコムの京ぽんを止めて、ソフトバンクの携帯を購
入した。

京ぽんは古くなってきてバッテリーがちょっと弱くなってきている。ウィル
コムで新機種を買ってもちょっと高いので、ソフトバンクのホワイトプラン
にしようかというビンボー利用なんだ。

私は、スマートフォンのX01HTです。
W-Zero3を持っていた(無くしちゃった(ノ_δ。)から、使い方はよくわか
る。画面は小さいがコンパクトで使いやすくて気に入っている。

Windows mobileなのでいろいろなソフトが動くことも気に入っている。RSS
Readerがあったり、日付管理や絵を描くことのできるメモ帳もあったりする
(代替アプリのOffisnailDate, OffisnailNoteにお世話になっています)。

意外に便利だったのは、スピーカーフォンが使えることだ。
携帯を机の上やひざの上においたまま、話すことができる。車の中で信号中
に電話をかけて、そのままひざの上に置いて電話したこともあった。これな
らヘッドセットなしでいけるかもしれない。

妻の携帯は悩んだが、サムソンの薄型携帯706SCを選んだ。
スーパーボーナス980円の中でいちばんいいかなと思って選んだ。
音楽も聴けるし、写真もとれる。
コンパクトながら200万画素だし、1GBのMicroSDも入れたのでどんどん写
真を撮ってもらおう。

妻は今年はPTAの役員と子ども会の役員のダブル役職になった。PTAは環境委
員、子ども会では会計をやっている。
娘が小学校6年生だが、これまで役員経験がないからだ。

妻が役員といいながら、役員どおしのメールのやりとりや文書を書いたりす
るのは、、、、、、、私の方に仕事が回ってくる。

もちろん妻は日本語が不自由で、読み書きはできない。
それなのに、役員になってしまった。周りは妻が日本語できないことを知っ
ているだろうに。選ばれそうになったタイ人やブラジル人の奥さんは「仕事
の都合で」と断った。妻は専業主婦なので、理由がなかった。

ええいそれならば、全部英語でやっちゃえばいいじゃない。
自分にできることをやればいいじゃないといったのだが、妻は受け入れな
い。「あんた旦那だからあんたがやりなさい。」私は仕事でいっぱいいっぱ
いなんだけれどなぁ。

妻は最初は携帯のメールでやりとりをすると言っていたが、パソコンのメー
ルとは10倍も書く速度が違うのでイライラする。せめて、パソコンのメー
ルアドレスにしてほしいということで、やっと譲歩をもらった。

そして会計も結局私がやることになるのだが、領収書の添付は妻に任せるが
帳簿関係は私に回ってきた。お小遣い帳をつけるようなものだが、帳簿に手
書きはイライラしてくる。後から前の日の領収書が出てきて、書き直したり
することが頻繁に起きる。

先週はそれで妻とあたった。妻は帳簿も余りつけたことがないので、わから
ないまま意見をする。以下のような基本的なことがわからない。英語で書い
てある簿記入門書でもあればいいのだが、妻はたぶん読まないだろう。

・領収書は日付の順番に添付する。
・領収書の但し書きがないときは、領収書の裏に書いておく

これまでの携帯のメールやWebアクセスに使ったパケット料金だが、これが
驚いた。

私の3月分は5万円を超えていた。
妻の3月分は7千円。

携帯を契約してスーパーボーナスに入っていると、最初の2ヶ月弱がパケッ
ト料金無料になるが、普通の使い方をしたらこうなってしまった。
私のは某インターネットテレビを見ようとして、合計3分ぐらいアクセスし
たものだ。もし1時間見ようものなら、数十万円かかってしまう。

もちろんパケット定額制に入っていれば最高1万円だが、、、これはビン
ボー生活には耐え切れない。

妻の携帯はY!と押せばWebに簡単にアクセスできるので、S!ベーシックプラ
ンというEメールやWebアクセスができるオプションを解約することにした。

私のスマートフォンも今月携帯のパケットでアクセスした覚えはほとんどな
いのに5000円を超えている。やばい。私のもS!ベーシックプランを解約して
携帯からWebが使えないようにしよう。ただ無線LANが使えるからまったく
ネットアクセスできないわけではないが、、、、

ただ、ソフトバンクは自動契約という恐ろしい裏技が控えているから注意せ
ねばいけない。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/32106.html

おそろしやパケット料金。
そういえば、もしドコモの携帯にパソコンをつなげたら、120万円の請求
がきたというのがあったな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2xxx-xxx-xxxxx032-mai-soci

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed