4月
09
2007

たたいて、ごめんね

私にはまだ暴力の連鎖が少し残っているらしい。

日曜日の午後、家族で公園へ出かけた。
先週の花見に出かけたのだが、娘が一緒にいけなかったので、家族4人でで
かける。この日曜日も桜は散り始めていたが、まだ一杯の花が咲いていて美
しかった。

風に吹かれて桜が散り、強い風が吹くと桜吹雪となる。
その桜のトンネルの中を歩くと、桜が宙に舞い、時間を超越したような風景
となる。この瞬間を絵に描くことができればと思うが、それだけの画力がな
いのが残念だ。

今日の息子ははしゃいでいた。
毎日、精神を落ち着かせるテクノトールという薬を飲んでいて、リタリンは
学校へ行くときや集団で行動するとき以外は服用していない。

「走っちゃだめだよ。」
「勝手に行かずに一緒に歩きなさい」
と何度も注意したが、こどもだから公園ではしゃぐことはしかたない。

花見をした公園はゴーカートや変わり種自転車はあるが、他にはあまり見る
ものはない。別の公園へ車で移動する。東海市の大池公園は大きくて、散歩
コースがあった。

妻と私は散歩をして、娘は併設の図書館、息子は遊具のあるところで遊ぶ。
親と一緒に散歩しても面白くないだろうし、年齢によってそろそろ興味の範
囲も変わってきたからだ。息子も大きくなったから一人で遊んでも平気だ。

妻と私が大池公園を大きく一周して戻ってきた。息子ははしゃいでいた。全
く知らないカップルと一緒に、バドミントンをやっていた。ちょっと迷惑を
かけていたようだ。帰り道に、散歩中の犬に会うとすぐ手を出す。「勝手に
犬に触っちゃいけないよ。」と何度も注意しても触りだす。触ると、そのま
ま立ち止まってしまうことになる。

何度も何度も「触っちゃいけないよ。お姉ちゃんが待っているから早くいく
よ。」と注意しても聞かない。そして買ってあげたスプライトのペットボト
ルをゴミ箱に捨てるとき、彼の手がゴミ箱に触れて汚くなったと言って、私
の服に触った。

私はキレてしまった。
「いつも『人が嫌がることをするな』と言っているでしょ。何度言えばいい
の?」と言って、ほっぺたを2発パチンと叩いた。お尻を蹴った。そして
「一緒に帰りなさい」と言って、彼の耳を引っ張って駐車場へ連れて行った。

何度も何度も穏やかに注意していたものが、堪忍袋の緒が切れたかたちに
なった。たくさんの人がいる前で大きな声を出してやったので、周りの人は
びっくりしただろう。

息子は車に乗っている最中、魂が抜けたように静かに座っていた。
家に帰ると、Nintendo DSでもくもくとゲームをしていた。

夕食後、息子の方から何にもなかったように話しかけてきた。そしていつも
以上に甘えてきた。

助かった。

息子を叱ったことは悪いことではなかったと思うが、感情の度を越してし
まった。息子はいつも手におえないが、前よりも少しずつよくなってきてい
る。勝手に遠くへ行くこともなくなったし、話せばわかるようになってきて
いる。

息子を叩いたり、足で蹴ったりしたり、耳を引っ張ったことは反省してい
る。もう2度とするまいと思っていながらしてしまった。前に同じことをし
たのは半年ぐらい前であろうか。

思えば、叩いたり耳を引っ張っているのは、私が父に叱られたときと同じこ
とをしている。いつの間にか暴力の連鎖を引きずっている。息子も将来のこ
どもに対して同じことをするかもしれない。。。

この数日、精神的に高揚していているのも原因の一つである。
妻に対してイライラしたり、大きな声を出してしまった。気が短いからもっ
と気をつけねば。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed