2月
27
2007

息子の軽度発達障害と水疱瘡

先週の金曜日は息子が2週間おきに発達障碍の言語療法を受けるため、小児
科へ行きました。妻は日本語で細かいニュアンスが伝わらないことがあるの
で、ぜひお父さんに来てほしいと言われたので、この日は仕事を早く切り上
げて帰りました。

息子については症状は相変わらずです。
周りの子どもとよくトラブルを起こします。しかし、少しずつですが症状が
緩和されているそうです。言語療法は20分ほどで、先生と息子の2人だけな
のでどんなことが行われているかわかりませんが、後で先生が概略を伝えて
くれます。

今日は「エスチャー」のように絵を描いて相手にそれを伝えるということを
やったそうです。息子は学校の図工の時間に絵を描けと言われると、何の絵
を描いていいかわからず困ってしまうようです。それが徐々にではあります
が、表現ができるようになっています。

薬もリタリンに加えてテグレトールという脳神経の興奮を鎮める薬を飲むよ
うになりました。薬は対症療法で、先天的な障碍を直すものではなく、他の
子どもへ/からのいじめや学習そのものができないという2次障害を防ぐも
のです。

また学校の特殊学級の先生も同様にお父さんと話したいということで、小児
科医院の後に会いに行きました。「ご自宅ではどうされているのかな?」と
いうことと「来年も特殊学級へ通うか?」を含めたざっくばらんのお話で
す。薬についてや言語療法についても質問がありましたので、今日聞いたこ
とをそのまま話しました。

まあ息子は相変わらずだが、1年生よりよくなっている。そして3年生も今
よりはよくなるのではということでは話が一致しました。3年生も特殊学級
に通うことになりそうです。

今日は私は早い時間から自宅にいるので、お風呂に子どもと一緒に入りまし
た。休みの日は一緒に入ることが多いですが、平日は帰りが遅いのでそれは
難しいです。すると、息子の身体にボツボツがあります。

全身に20ヶ所ぐらいですが、発疹があったり、盛り上がっているところが
あります。アレルギーかな、それとも水疱瘡かな迷いました。
とりあえず薬を与えるのを止めます。熱もないし元気なので、月曜日に医者
に行くことにしました。

土日は水疱瘡の疑いがあるので、外には出ずに家ですごします。
Wii Sportsではしゃいでとても元気です。
そして月曜日の午前中に同じ小児科へ行ったら、「水疱瘡」と診断されまし
た。息子は学校へ行きたいとわかると「息子は学校へ行きたい、行きたい」
と大きな声で訴えます。小児科から直接学校へ行くことになりました。

そして学校へいくと給食の時間で、息子は大きな声を出して騒いでいます。
「先生、今日は薬を飲んでいないのでごめんなさい。ランドセルを家に取り
に行ってきます。」と妻。妻は急いでランドセルを取りに行き、学校に戻り
ます。

先生が妻に言いました。「小児科の先生が学校へ行ってもいいというのは、
明日からみたいよ。」と学校への診断書を見せました。妻は読めなかった。

家族ですごしていると、誰かが風邪を引くと子どもから順番に風邪を引いて
みんな一巡します。我が家では水疱瘡になっていないのは私だけ。なんかお
風呂やWii Sportsをやっているときに息子に触りました。いま全身が少し痒
く感じるのは気のせいでしょうか?

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed