2月
14
2007

ハケンの品格

ハケンの品格というテレビドラマがある。帰宅してから食事中についつい見
てしまう時間帯にあるので見てしまう。

会社の雰囲気をうまく出しているようで、これまでの番組と違っていいなと
思う。しかし、主人公である大前春子はなんじゃそりゃ。

特Aランクで言われた仕事はなんでもこなす。高いと言われる時給が3000円
(最近3500円に上がった)。彼女の働きがものすごく。普通の会社員は派遣
を2流の人間とみなしていたが、自分自身が逆に会社から離れることができ
ない社畜だと悟ってくるようになる。

筋はすかっとしていいのだが、疑問がたまってくる。

それだけ能力があったら、自分で自立しようと思わないのか?受身ではなく
積極的に何かしようと思わのではないか。

なんで派遣なのか?あれだけの能力があれば派遣ではなくフリーだったら、
倍以上どころか10倍以上の収入を得ることができるよ。

なんか腑に落ちないところがありながら、ついつい見てしまうのは私自身が
先行き不明なせいかもしれない。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed