1月
30
2007

同姓同名と同じ誕生日を探してみる

Googleという検索エンジンができて、まず試したこと。
自分の名前を検索する。

自分の名前は親がせっかくつけてくれたのだけれど、なんとなくなじめない
名前。名前は勇ましいが、穏やかな性格が合わないのかもしれない。親は自
分に足りないものを子どもに身について欲しいと名づけたかもしれない。

子どものころ自分の名前は電話帳に載っていないのに、名古屋市の電話帳で
探してみたら3人ぐらいいた。大学受験のときに何かの拍子で同姓同名がい
ることがわかった。高校の同じ年代で5人くらいだった。

いまGoogleで検索してみると、フリーソフトなどの翻訳をしていたときの名
前がVectorにあるものが2番目にひっかかる。
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an008627.html
(Yahooでは一番でひっかかるから、Yahooに乗り換えようかなといってみる)

1番目はまったく知らないまじめな人。
http://www.jiti.co.jp/graph/mirai.htm

しかし、どちらも古いデータ。このブログや自分のサイトにはひっかからな
い(名前は公開していたっけ?)。

ときどき同姓の人にあって、「はじめまして、大橋さん」「大橋さんがおっ
しゃるのは、、、」と自分と同じ姓を相手に呼ぶのは少し気恥ずかしい。で
もその気恥ずかしさを楽しんで呼ぶ。でも同姓同名になったら、どうなるん
だろう?お互いの人格が混乱しそうな気がする。

単に「あなた」「私」とだけで呼ぶのかもしれない。

同姓同名だとなんとなく同じ人に思ってしまう。
小学校のとき、「かおる」や「しのぶ」というのは男女ともにある名前で、
もし同じ名の男女が結婚したら、同姓同名になってややこしいことになるの
ではと思った。

なんとなく同姓同名は他人のような感じがしないが、一応検索エンジンに
トップでひっかかるというのは同姓同名の中でも活躍しているのかなぁと
思ってみる(騒いでいるだけかも)。

一方、誕生日が同じだとひょっとすると占星学上同じ運命をたどるのではと
思って調べてみる。

ここで有名人と同じ誕生日を調べることができる。
http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/data00/
http://www.nnh.to/

スポック役のレナード・ニモイや、数学者のピーターフランクルと同じだと
聞いてうれしい。

「がんばれゲイツ君」の著者と生まれた年まで一緒なんだよな、ちょっとう
れしい気がする。
http://www.asahi-net.or.jp/~FV6N-TNSK/gates/

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed