1月
23
2007

アフィリエイトは内職商法?

いつも見させていただいているGIGAZINEサイト

グーグルは今のままでは日本人の人生を変えることはできない
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070122_google_change/

日曜日にNHKスペシャルで放映された「グーグル革命の衝撃 ?あなたの人生
を“検索”が変える?」という番組を受けてのことだった。

なぜGoogleはあまりマスコミに出ることはないが、なぜNHKの取材を受けた
かといえば日本以外の国はGoogleがYahooより優勢であるが、日本だけが
Yahooの方が優勢であるから、それをなんとかしたいという思惑があったか
らだそうである。

なるほど、そのとおりである。

番組の中でGoogle AdSenseだけで生計を立てている人を取り上げたそうであ
る。大学も仕事も辞めて、AdSense一本で毎月7600ドルを稼いでいるそう
な。GIGAZINEのような優れておりたくさんのアクセス数を誇るサイトでも、
それは無理だそうだ。

やはり日本語の壁か。
英語を使って、アメリカ市場、そして欧州、世界中の英語圏を相手にすれ
ば、それで市場は10倍となることがこれからもわかる。

ハリウッド映画の俳優の収入も、日本の俳優と比べれば10倍だろう。
音楽だって、ベースボールだって、他のスポーツも同じかもしれない。

それにしても、この毎月7600ドルというのもトップレベルだと思うが、それ
ぐらいの収入を稼ぐ人は山ほどいる。普通にビジネスマンをしていた方が、
効率がよい。テレビ局、銀行、証券会社、広告会社の大手で私と同い年なら
ば、みんな年収1000万円以上だろう。

なのに頭を使ってその中でトップレベルの人が毎月7600ドルというのは、少
し残念だ。ここで思うのは、本当に利益を上げているのは胴元。つまり、
Googleや広告会社。広告を仲介することでかなり利益をあげているのではな
いか?アフィリエイトだ、ワンクリック広告だ、オプトインメールだと言っ
て、Webを趣味にしている人をひきつけている。

そして彼らが一生懸命稼ごうと思えば思うほど、広告会社の元にお金が入
る。GIGAZINEで10倍くらい稼げないとやっていけないというならば、普通の
人たちは内職的に月に数万円を得るのがやっとでは。それはまさしく内職だ。

そろそろ、広告会社を中抜きにするようなビジネスが始まってもいい。

ちなみに私はFirefoxで、Adblockとスタイルシートの編集で、広告を片っ端
から消している。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed