1月
16
2007

外国人の名前は日本では使いづらい

日本人の私は日本で生活するのはそうでもないですが、妻の名前を書類で書
くときいろいろと面倒なことがおきます。

新生銀行に妻名義で口座を開いたのですが、
まずアルファベットの名前を名義にしました。口座を開くときに外国人登録
済証明書のコピーが必要で、その名前を同じものが必要です。

ちょっと書類に不鮮明があったということで、新生銀行から電話連絡があり
ました。日本人の方が電話をしてきたところ、私が電話に出てはだめで本人
だけとのこと。妻は電話の日本語がわからない。

私が電話の横で声を聞きながら、妻に日本語でしゃべらせました。

その後、また確認したいことがあるとのことで電話がありました。今度は外
国人登録済証明書について何か言っているそうです。これも日本語だったの
で、妻が英語を話せる人がいますか?と聞いたところ、日本人なのに英語の
得意な人が出てきて、外国人登録済証明書の裏面のコピーが必要だというこ
とでした。免許証の裏書と同じで、住所変更などが書かれているかもしれな
いとのことでした。

住所変更した以外に、自動車免許証は裏のコピーを送ったためしがないの
に、外国人は厳しいのかな。

私のときは書類手続きは1週間ちょっとで終わったのに、なんやかんやで
1ヶ月ぐらいかかりました。

妻が私が少し株で儲けたのが気になって、自分の虎の子で株の売買をしたい
とのことです。それでイートレード証券の口座を開くことに。

これも印鑑が不鮮明だということで、1ヶ月くらいかかりました。
銀行から証券会社の口座にお金を入れておかなければならないのですが、新
生銀行はアルファベット、イートレード証券は漢字姓とカタカナ名で登録し
ました。

すると名前が一致しないということで連絡がありました。
なんでも小さな「ィ」が名前は使えないとのことです。新生銀行からお金が
送られたとき、どうも勝手にカタカナに変換されていたのかな。
イートレード証券から、名前を変えといてねといわれたのですが、小さな
「ィ」が使えない。つまり要望どおりに変更できない。

結局、新生銀行と同じく全角のアルファベットにしときました。

しかし妻の名前はアルファベットが正式ですが、日本の書類に通そうと思う
といろいろトラぶりますね。このときばかりは、日本の国籍をとったほうが
楽だなと思いました。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed