1月
02
2007

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

みなさまもよいお年を過ごされることを祈っています。

今年は事業年度3年目にあたります。
1年目は退職後に何をしようかと模索していました。
退職するときには転職も考えながら、何をしようかと考えていました。

2年目は独立しようと考えて、その中で自分の売り物として世の中で必要と
するソフトを考えました。たぶんこれだと思い続けてきましたが、自分の能
力の不足や見通しが甘かったために、うまくいっているとは言えません。

予測は外れていないと自信を持っています。
いづれこういったソフトが重要性を持つと思っています。方向性は少し異な
りますが、Perlで作られたPlaggerというソフトも似たところがあるからで
す。Plaggerの方が完成度は高く、たくさんの人がプラグインを作成し、利
用する人も多くなっています。

「楽天日記 バックアップ」や「サイボウズ携帯アクセス」もそのソフトの
開発の途中にあります。ソフトを作り続けていきます。

さてこの3年目ですがもう貯金も1年しかもたないので、家族が路頭に迷わ
ないためには事業内容を見直ししなくてはいけません。まずいままで走って
いた部分を見直しました。

・ネットチャンネルKYOにも無理を言って、「サイラボ」の放送を休ませて
いただくことになりました。今年1月3日放送が最後になります。
・ソフト開発よりもコンサルティング的な仕事を優先しようと思います。そ
うはいってもいきなり取り組んでも信用がつくのは先でしょうから地道にい
かねばなりません。

最低限の自分が稼げる段階になってから、中断しているサイラボとソフト開
発をやり直そうと思います。中途半端な状況ではどれもダメになってしまい
ます。

昨年末の12月30日の中日新聞20面で、長崎でホームページ制作業を営んでい
る平野恵子社長が書いています。

「Uターン甘くない。会社の肩書きをひけらかし、自分の「企画力」で周り
を引っ張ろうと乗り込むのはダメ。東京にいたのも成功と思っているのを、
いやな感じ。会社員時代の効率や成果主義は通用せず、地域では何をやるに
しても、いかに相手に共感、協力できるかがカギという。起業してもさほど
儲かるわけではなく、大変。東京なら成り立つニッチ商売も、地方では難し
い。いろんな人の手を借りながら「あなたがその仕事をしてくれて良かっ
た」と思われる努力をしていくしかない。遠回りが一番の近道です」

ごもっともです。反省します。

これまでソフトウェア開発の市場は日本全国をまず第一にしていたので、名
古屋にいながら全然地元を見ていませんでした。それではどの会社を、どの
人をターゲットにしていたのでしょうか?全く見えませんでした。これから
は事業対象を顧客密着型へ移行しようと思います。それが生き残る道なんで
しょう。

先日のブログに書かせていただいた、ローカルとグローバルでいえばローカ
ル路線への方針転換です。この道も険しいですが、まず食べていかないとい
けないなと思います。取り組み始めた事業を諦めず残していきたいので。

競合する会社や人も出てくると思いますが、よろしくお願いします。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed