12月
31
2006

パラワンのガイドの娘さん

今朝起きて新聞を見ると、テレビ愛知でこんな番組が目に入った。
「養老孟司“環境”スペシャル 人間の脳に潜む地球環境破壊のメカニズム」
http://www.tv-tokyo.co.jp/yourou/

内容として、パラワンの自然、刑務所、、、、というキーワードがあった。

朝食時はテレビをつけない規則になっているが、気になったのでテレビをつ
けた。録画という手もあったのだが、スカパーで「アンネフランクの日記」
の映画を録画しているからできない。

デジタル放送で見る、パラワンの自然は美しかった。

そして、刑務所。イワヒグの刑務所だ。ここへ行ったぞ。ガイドブックに
載っていたので観光客に知られているオープンな刑務所だ。鉄格子はない。
囚人は刑務所から出ようと思えば出れるが、外と変わらない生活ができる
ので出ようとする人はいない。妻子を呼び寄せて一緒に生活している囚人
も中にはいる。

しかもここは殺人などの懲役10年クラスの重罪犯が多い。
人は更正できるのかという実験をしているようでもある。

11年前に妻と1歳の娘、そして妻の妹と一緒にここに行った。私1人で
行ってもよかったのだが、フィリピンでは結婚すると家族は一緒に行動する
のが常識なので一緒に行った。交通が不便なので、バスはない。トライスク
ルという、2輪バイクを改造して、人を乗せることができるように大き目の
サイドカーをつけたものに、3人の大人と赤ん坊を乗せて、パラワンの州都
プエルト・プリンセサから1時間ぐらいかけて行ったと思う。

こんな辺鄙なところでも私がガイドブックで知るぐらいだから、観光客がと
きどき来る。囚人は自給自足の生活をしており、中にはみやげ物を作ってい
てそれを売っている。ただ、品質が悪くて買う気にはなれなかったのが残念
だ。

囚人と話すこともできた。彼らは殺人や強盗をしたと言っていた。ちょっと
怖い感じもした。独特の雰囲気があった。しかし特別な経験をすることがで
きたと思う。

それを契機に当時の記憶がよみがえった。
養老氏と一緒に行動をしているおじいさんに見覚えがある。
見慣れないフィリピン人の顔は以前はあまり区別がつかなかったが、今では
区別がつくようになった。それに彼はガイドという仕事もしているのでまず
間違いない。

私は13年前に、会社を休職して大学院へ進学するつもりだった。大学院の
試験が9月中旬なのでまだ余裕があった。それでフィリピンへダイビングを
しにいくことにした。それで妻と出会って、結婚することになった。

このガイドに会ったのは、その妻に出会う前である。
ダイビングをしにパラワンのエルニドへ向かった。州都のプエルト・プリン
セサまで行くにはいったんだけれど、パラワンの北部にあるエルニドへは行
けなかった。雨季で道が寸断されていたからだ。
エルニドはダイバーでは有名で、世界中でも知られたところ。日本人がエル
ニドでリゾートを作って、たくさんの日本人を連れてきているから日本人の
中ではもっと有名だ。
http://www.el-paradise.com/

新婚旅行で来る人もいる。地上の天国といってもいいかもしれない。
ミニロックという島は、フィリピンからも隔絶されていて犯罪や盗難などの
心配もない。それでいて、海が美しく自然が残されている。パラワンはマラ
リアがまだ残っているが、沖縄と同じようにこのミニロックでは絶滅させた
という話だ。ただし、リゾートの料金は日本並み。ダイビング費用で1人2
万円ぐらいする。日本の料金では安いがフィリピンでは破格の高さ。

でも普通のダイバーもエルニドで潜れるという話を聞いた。実際にドイツ人
がダイビングショップを経営している。

エルニドへは雨季で行けない。仮に行ったとしても人が集まらないから、ダ
イビングができない、それは後で知った。

それでどうしようかなと思い、プエルト・プリンセサの街を歩き回っている
と、あるフィリピン女性に声をかけられた。英語でうちへ寄っていかない?

美しい女性で暇だから寄ってみると、日本人の男がいた。
たしか当時32歳で京都で高校教師をしていたと思う。ちょうど昼頃なの
で、ここで飯を食っていけという。その高校の先生は、パラワンに昆虫を取
りに来ているという。大き目のクワガタムシで、もう3年ぐらい休みになる
と来ているそうだ。この家に泊まって、彼女のお父さんにガイドになっても
らって、山に入りクワタガムシを探しているとか。

息子がムシキングが好きで知ったのだが、「パラワンヒラタオオクワガタ」
という種類である。彼がいうには、10cmになり、大きければ大きいほど高い
値がつく。1mmでも大きければ、数万円の差がつくこともあるという。一つ
ここで買って日本にもって帰るだけでも、数万円儲かるぞと言われた。

確かに大きい。でも私は昆虫に興味もないし、すぐ死なせてしまうかもしれ
ない。それで断った。

それからいろいろな話をした。一緒にいた女性とも英語で話した。
日本人の男は昆虫ではなくて、君に興味があるのではと冗談で言ってみた。

彼女はニコっとしていえ全然興味はないし、私のタイプでもないからと言っ
ていた。雑談をしていると、彼女はPLDTというフィリピンの電話局でオペ
レーターをしていると言っていた。パラワンの高級ホテルに泊まっている日
本人からときどき日本への長距離電話をする人がいる。そのとき、日本語で
電話をしてきて、日本人は全然英語がしゃべれない。高校教師も片言の英語
しかできない。私はなんとか日常会話ができたし、まだ会社を辞めたばっか
りだったので今よりも英語に慣れていた。

食事が終わって、お父さんが街まで車で送ってくれた。

翌日、お礼を言いにその家に行ってみたが、みんな不在だった。

そのときはそれだけだった。

それから、妻と結婚して、大学院に入り、娘が生まれ、大学院を修士課程で
終えた。それから博士課程に進むか、復職するかどうか迷ったが、家族があ
るので名古屋で就職することになった。せっかくの機会だからすぐに就職せ
ず、フィリピンへ長期の里帰りをした。1ヶ月半ぐらいだったと思う。その
うち3週間ぐらいをパラワンへ行くことにした。妻と子どもだけでなく、妻
の妹が娘の世話役としてついてくることになった。

エルニドへは行けたのだが、娘が熱を出し、ダイビングは2回だけ。1週間
潜るつもりだったのだが。

ついでに、お世話になった人の家を探した。うっすらとした記憶だったので
確かではないが、家を見つけた。でも誰もいなかった。どうも引っ越したよ
うだった。

「テレビに出ている人はたぶん、13年前にプエルト・プリンセサでお世話
になった人だと思う。」というと、妻が「あーー、あのときあなたが理由も
言わず探していた人ね」と突っ込まれた。妻は鮮明に覚えていて「好きな女
か?。女を捜していたのかー?」と追い討ちをかける。

なんでそんなに鮮明に覚えているの?

それから、「その女が好きか?」と追い討ち。
当時のことを思い出して、もうやぶへび状態。
言わなきゃ良かった。

でも、13年前にお世話になった人がテレビに出てきて、元気でいるようで
とてもうれしかった。

あの頃の女の人は、もう結婚しているかな?ひょっとしたら日本人と結婚し
ているかな?

たぶんそれが布石となって、妻と結婚することになったのではないかと思う。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed