12月
25
2006

鈴鹿サーキットのモートピア

子どもや妻に催促されて、家族で鈴鹿サーキットに併設されているホンダ関
連のモートピアという遊園地へ行きました。

http://www.suzukacircuit.jp/mp/

妻は旅行に行きたかったみたいですが、経費削減なので日帰り旅行です。お
まけにクリスマスに関わる原資は、私の父母が憐れに思って出していただき
ました。

5年ほど前に娘が通っていた幼稚園から割引券をもらって、それで1泊2日で
行ったことがあります。広い敷地内に宿泊施設やレストランが点在してお
り、子どもをつれてくるにはいいところかなと思いました。

そのときは娘も小さくてジェットコースターなどあまり乗れなかったし、息
子は幼稚園に入る前でした。息子がジェットコースターやゴーカートなど全
てを乗ることができる小学校5年生になる頃、つまりそれから10年後くらい
に来た方がいいかなと漠然に思っていました。

妻や子どもはどこかに出たがりで、この冬もどこかへ連れていってくれと催
促されたのですが、「お金がないよ」と断っていました。昨年の同じ頃に
「もう忙しくて旅行へいくことが難しくなるかもしれない」と思い、急遽沖
縄へ行ってきました。昔の知人に会うこともできて、それは楽しかったので
す。同じ夏にフィリピンへの里帰りもしていましたので、収入も無いのに旅
行費用で1年に100万円も使ってしまって。

それなのにこの夏もいかざるを得なくなり、この冬まで唖然としていました
が、私の父母から原資をもらってので。旅行というと、20代の頃は1人で気
分を変えるために頻繁に海外へ出かけていました。日本にいると閉塞感を感
じるのですが、海外へ行くとその気分が晴れます。それの繰り返しでした
が、もう1人の旅行も10年以上行っていませんね。年をとったので仕方ない
のか、結婚して生活が変わったからか。ひょっとするとずっと閉塞の中にい
るのかもしれません。前の会社を辞めるときに、失業保険をもらうまでの
3ヶ月の間にインドへ行こうかなと思っていましたが、家族のいる手前それ
ができませんでした。フィリピンへ帰るときさえ、1人にはなれません。仕
事をしているときだけが1人になれる時間かもしれません。

個人的な事情は置いといて、このモートピアは子どもは喜んでいたものの、
妻は期待外れに終わったようです。5年前に行ったときと遊具はさほど変わ
らず、飽きていたからです。1回目は楽しかったのですが、2回目は期待ほ
どではないというテーマパークや、観光地は多いですね。

遊園地(テーマパーク)は地方であまりうまくいっていませんが、慣れとい
うのもあるんでしょうね。巨大な遊具を数千万円から数億円かけて作って
も、1回か2回乗れば飽きてしまいます。何人の来場者が来るか予測を立て
ても、リピーターを呼ぶのは大変なことでしょう。スイスの登山鉄道のよう
に、往復で1人1万円ぐらいかかる「ぼったくり」がリピーターを考えずに
結構いいのかもしれません。「ぼったくり」は良い表現で無いかもしれませ
んが、ユングフラウヨッホへ行ったときは、それが高く感じました。

ディズニーランドは先駆者だけでなく、見事に成し遂げたというところがす
ばらしいでしょう。ディズニーランドやユニバーサルジャパンのような全国
規模のテーマパークはまずまずの成功を収めていますが、それとて数年に1
度くらいでいいのかなと思います。個人的な興味よりも、自分のステージが
代わったとき、学生の頃に友達と、独身時代に彼女と、子どもができて家族
と一緒にというそれぞれのステージに1度か2度行けばそれでいいのかもし
れません。

一つだけいい情報を。
モートピアへ行く際、金券ショップでパスポートなどが安く手に入らないだ
ろうか思い紹介されたのが、この写真の優待券。
同じ本田技研の株主優待で配っているこの優待券。400円で購入して、自
宅でインターネットで調べていたら、「モートピア」のが別にあるじゃな
い。使えないかなと思って出してみると、家族4人分の入場料を引いてくれ
ました。大人2人子ども2人で14,800円のところ、9,800円で5千円引き。

時期や人によって事情は変わるかもしれませんが、少し得をしました。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed