12月
24
2006

土曜日出勤

ベンチャーの起業家は、休みがありません。
だから土曜日も出勤です。
(昨日は休んじゃったけれど、許してください。)

知人が久しぶりに訪ねてくれたので、うれしくて話込んでしまいました。
仕事にはなりませんが、元気をもらったので来週は仕事がはかどることを期
待しています。

いつも気にしているのは、どうやってビジネスをしていくかということで
す。話をしていく中で、だんだんと進むべき方向が少し見えてきたかもしれ
ません。

少し気が早いですが、「ソフトを作りたい」から「ソフトを作るべき」とい
うテーマで進めていきたいと思います。

独りよがりでつくっていてもしかたなし。
こうなって欲しいというところで、最適なものを提供していこうと思いま
す。いままでたくさんの人をターゲットにしてきましたが、かなり絞ろうと
思います。

一方で少し焦っていることがあります。
ISO 9000シリーズ、14000シリーズ、Trust-e、コンプライアンス、SOX法、
なんて大企業で使っている言葉の世界とは無縁になってしまいました。今日
もSOX法は聞いてことはあるけれど、、、、、よく知りませんでした。もう
普通の会社員もなれないかもしれないし、派遣も無理かもしれません。たぶ
ん、新規開発のプロジェクトメンバーの考え方に染まってしまったようです。

あーーーー、そうか、合点がいきました。

これらはコンサルティング用語ですね。
システムをあれやこれやとビジネスにしたいので、いろいろな概念を作り出
し、「お客さん、やばいですよ。遅れていますよ。」という不安をかもし出
して、お金を引っ張り出すものです。
普通の考え方をしていれば、考慮しすぎる必要は無いと思います。

コンピューターを攻めるのに使うのではなくて、守るのに使うためのもので
す。守りも大事ですが、まずベンチャーや中小企業は攻めて攻めて、攻め抜
くしかありません。後ろを振り返る余裕はないのですから。

追伸: 次の未踏プロジェクトは一緒に応募しましょうね。たぶん、あれは
いけると思います。面白い試みだと思います。やっぱり1人で考えてもダメ
だね。
「1つのソフトで世界を変えよう!」

#なんか2人の秘密の話みたいになってしまいました。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed