12月
23
2006

ときには休もう

今日はちょっとダウンで仕事を休みました。
このところ肉体的には疲れていないが、精神的に疲れている日々が続く。

妻や娘から「いつも疲れた顔をしているね。」と言われ続けている。
そういわれて何年経つのだろうか?

慢性的に疲れている感じがするが、疲れていないのはいつごろだっただろう
か?独立する前からそういう状態で、子どもができてしばらくたってからか
もしれない。十分な睡眠をとっても、何か重い感じがする。

健康診断では特に異常はなかった。

人は重荷を背負って生きていくものというが、これがその重荷だろうか?
20代までは重荷はなく自由気ままに生きていた。結婚してからは、地面に楔
を打ちつけられたようで、子どもが1人、2人と増えたら、ドン、ドンと重い
荷物を背負ったようだ。

平日は仕事で疲れ、休日は家族で疲れ、死ぬまでそれが続くんだろう。
重荷を捨てたいという気持ちになるかもしれないが、重荷は家族のせいでは
なく自分で勝手に思い込んでいるだけの幻覚にすぎないのではないかと思う。

そのうち春が来るだろうなぁ。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed