12月
22
2006

サイラボ12/20の原稿

ネットチャンネルKYOで毎週水曜日23時から放送している、サイバーラボラ
トリーの12月20日分の放送原稿です。放送では伝えられなかったことや、う
まく話すことできなかったことをここで書いておこうと思います。

翌日木曜日11時からも再放送をしていますし、過去の番組も番組ライブラリ
から見ることができます。

http://www.nc-kyo.com/

もしよろしかったら、一度ご覧ください。

12/20の放送は以下の話題について触れました。

1. マイクロソフトとノベル、Linuxで提携–技術開発や特許で協力

マイクロソフトとノベルが提携しました。
マイクロソフトのWindowsをノベルが子会社として持っているSUSE Linuxと
提携していくらしい。

会社の事業としては意外な気もするが、技術的にはとうとう来たかという感
じがする。

ノベルといえば、Windows 95の時代の10年前までパソコンのネットワークと
いえば、ノベルの提供するNetwareが優勢だった。まだネットワークカード
が1つ10万円くらいする時代だった。10Base-5, 10Base-2が最盛期で、いま
の電話線プラグを大きくした10Base-Tは出始めだった。10というのは10MBps
で、-5, -2, -Tとはケーブルの種類の違いだ。

Netwareとは、パソコンをつなげてファイルを共有するとか、プリンターを
共有する専用OSだった。Windows NT 3.51が出始めたぐらいから、Windows
NTの方へだんだんとシフトしていった。Netwareの方が性能が高かったのだ
が、値段が高いのとハードの性能が上がってソフトの性能差が目立たなく
なったからだと思う。それに、「何でもマイクロソフトで揃える」という便
利さを企業ユーザーは求めたんだと思う。

そういう事業的にやられた感が強かったのであるが、社長や社員の代が変
わったんだろうな。もはや競合するような会社ではなくなってしまった。

技術的には、Windows の中身はUNIXの技術がたくさん取り込まれている。OS
としてのベースは異なるが、Webサーバーで動くようなプログラムはどちら
でも作ることができて互換性もかなり高くなった。いまや、Linuxで作りま
すか?Windowsで作りますか?とりあえずならどちらでもいいですよという
時代になった。スケーラビリティ(将来の拡張性)や保守しやすさとかいろ
いろな問題はあるが、とりあえずならどちらでもいいかなと思う。

2. FirefoxとIEにパスワード漏洩に繋がる脆弱性

最近のプログラムは、起動していて不具合が起きるようなことはほとんどな
いが、使っているとセキュリティ上問題が後から出てくることが多い。

作る方も気をつけているが、そういったセキュリティの問題は後から後から
出てくる。また複雑すぎて全て考えるのは難しいのかもしれない。

FirefoxもInternet Explorerも、便利な機能として、IDとパスワードの補完
入力がある。IDとパスワードが必要なときに、ブラウザーがそれを覚えてい
て代わりに入力してくれるのだ。

このパスワード漏洩につながるのは、ブラウザのセキュリティ上の欠陥では
ない。SNSやブログなどにデータを入れるときにJavaScriptを入れる可能性
があるところが問題だとわかったのだ。

MySpaceでは、ブログでJavaScirptのプログラムを書き込むことができる。
するとそのJavaScriptがIDとパスワードを自動的に入力させ、そのIDとパス
ワードを盗むことができるようになる。

会社のホームページでIDやパスワードを入れても、その会社はもともと知っ
ているので問題はないが、SNSやブログのように信頼されている?サービス
の上で別のサービスが動くのは、両方とも信頼しないといけないから注意が
必要だ。

JavaScriptはブラウザーで利便性を図るためにできたプログラム言語だ。
Web2.0のAjaxというのもJavaScriptが結集した技術だ。何か便利なことを使
用すると、それを悪用する奴が出てくる。

マイクロソフトがOutlookを始めてとしてVisual BasicやActive Xを動かす
ようにしたのも利便性を高めたからだが、それを悪用することも可能にする。

便利な道具が生まれると、それを軍事目的や犯罪目的に利用することができ
る世の中なのでソフトを作るときも気を使わなければならない。

3. IT関連会社、次々と上場

最近、Niftyやアサヒネット、IIJ、So-netなどいろいろなプロバイダーが上
場している。多くが上場後値段を下げているが、この上場ラッシュはどうし
てだろうか?しかもベンチャーではなく、老舗のIT関連の会社である。

証券会社が上場時の手数料稼ぎで、焚きつけているのではないかと思った。
それとも会社は上場しない限り株に客観的な価値はないので、創業者や株主
が現金化したいのではないかと思った。

番組の中で許さんがお話されていたが、会社を買収するため/されるために
株の整理をするという理由も最もだと思う。

プロバイダーって、技術力に差はないし、もはやブランドだけだと思いま
す。それに薄利多売でスーパーのような感じです。でも、売る生鮮野菜や特
別な商品はないしね。おまけに地域の差もない。かなり厳しい業界だと思い
ます。

4. アマゾン、オンラインストア作成ツールを公開

アマゾンは本だけでなく、いろいろな商品を売るようになった。
この会社は、実はとんでもないIT技術を開発している会社です。

A9という検索サイトを作っているし、自社サイトで自社開発の技術を盛り込
んでいます。

これまでアフィリエイトといって、みなさんのブログで本を紹介して、それ
が売れると手数料が入っていました。
さらに進んで、アマゾンの画面を見せずに自分のHPの中で商品を売ってしま
おうという感じのものです。

いままで客引きでアマゾンへ連れて行ったのが、アマゾンへ連れて行かずに
自分でお店を用意しちゃったというものです。商品の決済や配送は全てアマ
ゾンがやってくれます。なんかフランチャイズみたいですね。

面倒なプログラミングもなしに商品販売のHPを作れるので、いろいろなとこ
ろにアマゾンのフランチャイズ店を作って露出を高めるんでしょうね。アマ
ゾンの名前は前面に出てこないから、OEMかな?
また新しい発想のビジネスで、Googleだけでなくアマゾンもすごい。

アマゾンって、Ajaxを使わないけれど使いやすいWebページなんです。それ
も見習わなきゃと思います。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed