12月
14
2006

サイラボ12/13放送の原稿

ネットチャンネルKYOで毎週水曜日23時から放送している、サイバーラボラ
トリーの12月13日の放送原稿です。放送では伝えられなかったことや、うま
く話すことできなかったことをここで書いておこうと思います。

翌日木曜日11時からも再放送をしていますし、過去の番組も番組ライブラリ
から見ることができます。

http://www.nc-kyo.com/

もしよろしかったら、一度ご覧ください。

12/13の放送は以下の話題について触れました。

1. 松下電器、家庭の電源コンセントで190Mbps

電源コンセントを利用してLANを構築するという機器が発売されました。
ホストとクライアントの1セットでつなげる。無線LANよりも設定は簡単
で、鉄筋コンクリートの自宅や会社では無線LANが通じなくても通信ができ
るようになるかもしれない。

ただ、工場では実行速度がかなり落ちるようで25mぐらいの距離が限度だと
いう。家庭内配線が大変な場合は、これは2万円弱で買えるのでいいかもし
れない。

http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=BL-PA100KT

個人的にはセットで1万円を切るようになればいいなと思う。
そういえば、アイオーデータでもそっくりな製品が出ていました。どちらか
がOEMなのかな?

2. solodox、Ajax 国産オンラインワープロ

Web上でワープロの機能があり、それを他の人と分かち合うことができると
いう。使ってみたところ、FirefoxのせいかGoogleの方が使いやすかった。

これまでWeb上でワープロや表計算ができるのは、主としてアメリカの会
社、そしてヨーロッパやインドの会社であったが、日本の会社でもそういう
ところが出てきてうれしい。ぜひがんばって欲しい。

とはいっても、中国が絡んでいるから開発は中国かな?

ネットビーンズという会社が無償で提供している

http://www.solodox.com/

3. gコンテンツ、国産の地理データを無償提供

Webの地図といえば、Google MapやGoogle Earthの勢いは止まらない。
Googleの1人勝ちはまずい。

日本政府・自治体も地図の基本データは持っているので、それを無償で有効
活用してもらう地図コンテンツを「gコンテンツ」という。

地図データはSVGというベクトルデータに修正してあるので、道路などは拡
大してもきれいに表示される。それが普通のラスター地図の場合と異なる。

さて、マイクロソフトもヤフーもこのgコンテンツに参加しようとしている
が、どうなることであろうか?

ユーザーにとってはうれしいが、私のようなソフトやデータを売るITビジネ
スに関わるものとしては痛し痒しな気分である。

4. coComment、ブログのコメントの「その後」

coCommentは、ブログにコメントしたことを記録することで、自分がどこに
コメントをしたか、またはコメントのやりとりの会話を確認できるWebツー
ルである。

スイスの大手通信会社Swisscomが、社内ベンチャー事業として2006年2月に
サービスを開始した。日本のネットエイジが日本語版としてはじめた。

日本語版はネットエイジのSaafというポータルサイトのアカウントを取る必
要があるので、それが嫌ならば英語版をそのまま使えばよい。英語版でも日
本語がそのまま使用できる。

使い方は、Firefoxにアドオンを入れれば、コメントをしたときに勝手にそ
のコメントを収集する。Internet Explorerの場合は、コメントする場所に
ブックマークレットを使う。コメントするときにブックマークを選ぶとその
URLの場所が登録される。

http://www.cocomment.com/
http://jp.cocomment.com/ (日本語版)

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed