11月
29
2006

ありがとう、そしてGoogle Calendar 情報

午後、仕事で行き詰っていたんです。そのとき少しゲームをしていると、知
人が事務所に訪ねて来てくれました。

1人でやっていて少しつまづいてしまうと、なかなか立ち直れない。
どの国でもどの場所でも、1人でやっていても新しいものは発明されにくい
し、それが育つわけではない。
周りに理解者や協力者がいないと、なかなかうまくいきません。

そんな中で知人が尋ねてきてくれたので、雑談をしていました。
「どうやったらお金が儲かるのだろうか?」

今の一番の悩みはそれです。
貯金の底が見えるようになってきたので、事業を続けるためには、お金を稼
ぐ手段を持たないとな・・・・

・お金を使うのを減らすこと
・お金になりそうな仕事を、少しずつやっていくこと
・お金を稼ぐ方法を変えること

手を変え品を変え、このブログでも言っておりますがそんなところです。

いっそ、株式会社をつくって出資金を集めようか。
どっかのITベンチャーのように、お金を集めよう!しかし、自分を鏡で見て
も集まりそうにありません。また嘘をついてもばれると思うので、最初から
嘘をつこうとにありません(スパイにはなりません)。そんな人間はお金を
集めることはやめましょう。

たとえたくさんのお金が集まったとしても、問題があります。
成功しても、自分の出資金が少ないため事業を人に盗られてしまうでしょ
う。失敗したら、「金を返せ!」という怒号のなかで自暴自棄になってしま
いそうです。

そんなわけで、自分のお金でシコシコとやるしかないのかなと思います。
それにこうして辛い時間を過ごさないと、好きなことをさせていただいて幸
せに生きているので、なんか申し訳ないような気がして。

仮に成功しだして事業が大きくなりそうなときは、会社として資金が必要に
なるので出資してもらったり、銀行からお金を借りるということがあるかも
しれません。

今は、種を蒔いて芽が出てくるかどうかなので、肥料は要らないのかなと思
います。とはいっても、その種も無くなりつつあるのですが。。。トホホ。

しかし、Tさんから出資してもいいよと言ってくれたり、他に心配してくれ
ている人がいたりして、ありがたいです。また、がんばろうという前向きの
気持ちになれます。

自宅でも、妻が節約してくれたりお弁当を用意してくれたりします。娘や息
子も一緒に心配してくれます。大成功はしなくても、なんとか食べていける
ようにしないといけないなという気になりました。

気分やさんなので、そういう感動があると前向きになって、がぜん生産性は
あがるんです・・・

彼らが帰ってから、帰宅するまでの時間はすごく集中できました。

——————————————————————

というわけで、Google Calendar情報へ

少し前のブログでPHPで作った携帯によるGoogle Calendarの紹介をさせてい
ただきました。
http://www.rcdtokyo.com/ucb/contents/i000816.php

それを自分のサイトにおいて比較するために、少し改変させていただきまし
た。元々はIDとパスワードをconfig.php.incに入れて、携帯の固定IDからの
アクセスという仕様でした。もともと、IDとパスワードを入れることができ
るようになっていますので、以下のサイトはIDとパスワードを入れてアクセ
スすることができます(IDとパスワードを盗むことはないと信用していただ
ける方のみ試してみてください)。

https://solisart.com/gcalphp/

このプログラムの方が、カレンダーを複数の種類を読み込んだり、スケ
ジュールの詳細な設定ができます。どうやっているのでしょうか?Google
Calendar APIには見当たらないのですが、、、

ソースを見ているのですが、時間をかけていないためまだよくわかりません。

これを見ていると、RubyでなくてPHPの方がよかったかな・・・と考えてし
まいます。PHPはホスティングサービスで使われていることが多いので、普
及させやすいのです。RubyはCGIとしては少ないし、高速に動かすためには
FastCGIやmod_rubyというのを使うため、サーバー丸ごと借りないといけな
いしね。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed