11月
28
2006

近未來通信

近未來通信というIT関連会社について調査が入り始めた。また事務所は閉鎖
されているようだ。ただホームページは契約期間中なのか、まだ残っている
ようだ。

http://www.kinmirai.co.jp/

事業内容は、IP電話の中継局、電話のプリペイドカード事業、テレビ電話機
器販売事業などである。

このうち後者の2つは他の会社がやっていることでたいしたことはない。た
ぶん他の会社のOEMなんだろうと思う。IP電話の中継局という触れ込みだっ
たが、そんなものはいらないよ。

いわば、ルーターというものが通信の中継をするのであって、それはプロバ
イダーが提供しているもの。SkypeというIP電話は、基本的には中継せずに
直接パソコンとパソコンをつなげていて、他のサーバーを利用していない。
(ただ外から直接アクセスしていない場合は、誰かのパソコンがスーパー
ノードという役割を持ってもらいそれが中継しているだけだ。)

他のIP電話だって、よくよく考えれば中継するメリットがあまりない。
それぞれのプロバイダーに光ファイバーをつなげて、IP電話の通信だけつな
げますよというのならばともかく、、、、でもそんなことはネットワークの
通信であまり意味がないだろう。通常の線を太くすればいいのだから。それ
にそれをプロバイダーに費用を払ってもらおうと思っても、なかなかできない。

IP電話は050という電話番号をもっていなければタダのはず。それは通信す
るのが、インターネットにおけるデータのやりとりなのでタダなんだ。050
という番号を持っていても、同じプロバイダーや提携プロバイダー内もタ
ダ。それは、会社内のプロバイダーの通信によるものだからだ。一般の電話
回線や提携外のプロバイダーへは、NTTのサービスやKDDIなどのサービスを
利用する。だからお金が多少なりともかかってしまうからだ。

そんなわけでIP電話は実質タダなので、インターネットプロバイダーや通信
業者は儲からないのでできればやりたくない事業。しかしその付加価値を謳
わないと、ADSLなどの契約が他の会社に流れてしまうので競争のためにはや
らざるを得ない。

そんなところに、他の会社がIP電話事業を持ち出してもそんなのはなかなか
難しいことだ。高品質のSkypeだって、Skypeどおしはタダ。NTTや国際電話
の番号とやりとりするSkypeOut, SkypeInで利益を得ているところはあるか
らだ。

ここのページに詳しくこの会社のことが書いてある。
http://www.geocities.jp/enmirai/

少し前に、携帯電話にアダプターをつけると定額になるというサービスが
あったが、あれと同じようなパターンだ。

技術的に話題になっていることで少し難しいことを技術的に言って素人を煙
にまこうとしている。しかしよくよく考えてみると、技術的にも事業的にも
怪しいところがたくさんある。

だまされたという人も問題だ。
その事業のことを何も知らず、ポンとお金を渡してしまうのが問題だ。
まともなフランチャイズ事業ですら、事業のことがわからない人が成功する
のは難しいからだ。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed