11月
07
2006

社員は要らぬ、事業パートナー募集

少し前のブログで経営戦略の大きな見直しをすると書きました。
まず人事と事業ドメインの変更に手を加えようと思います。

人事はメンバーを3人にすることが目標です。

理由は1人では何をやるにも難しいと感じているからだ。1人ではすぐに壁
にぶち当たってそれから先に進めなくなることが多い、それに間違いを起こ
しても堂々巡りになってしまう。他にもいろいろあるが、能力は1種類あっ
てもやはりそれでは足りないと思う。2人以上いるといろいろ面倒になると
思うけれど、話し合いで解決できないかな?。

最初から1人でやるつもりはなかったのだけれど、事業内容がはっきりして
いなかったり、給与の問題とか、他の人を雇う余裕がなかった。そのため、
一緒に起業できる事業パートナーというべき人を探していた。

しかし、起業するという意思を持つ以上は自分の思いを持っている。そうす
ると、その思いを共有できるかどうか、思いの差をどうやって解消していく
かが問題になる。

3人でやりたいというのは、いろいろな本を読むと3というのがバランスが
いいらしい。そして、今の小さなオフィスでは3人より多くなると、狭く感
じると思う。4人だと、意見が2つに割れて分裂することもありうる。

そうは言っても、まずもう1人と一緒にやりたい。

事業ドメインの変更については、開発を深くするのは止めて、ここまで開発
したところで具体化をしていこうと思います。

ベンチャーをサポートしていただいている方からも、「お前のやっているこ
とは難しすぎる」と言われています。決して難しくはないのですが、たぶん
説明が下手なんでしょう。だから製品というよりもサービスを提供していっ
て、理解してもらおうと思います。

今まで深く深くやろうとしていましたが、浅く横に広げていこうと思いま
す。未踏は深く深くやっていく方向だったのですが、まあそちらは若い人に
譲ります。

それからどっしりと腰を落ち着けていましたが、一緒にやってくれる人を探
す意味でも少しずつフットワークを軽くしていこうと思います。私の思いを
少し軽くして、一緒にやっていける人の思いを混ぜていけるようにしようと
思います。

自分のオフィスを捨てて飛び込むぐらいのケースも想定しています。
(これは最後の手段ですが)

とりあえず、、、、誰か一緒にやろう!

先日、知人とオフィスでお互いの作ったプログラムについて話し合う機会を
持ちました。私がつくった"Google Calendar for Mobile"や開発中のプログ
ラム、そして彼のプログラムをお互いに話し合いました。大きな刺激を受け
ました。

いくつかのアイディアがあって同時並行で開発を進めています。少し障害に
ぶち当たったり、これ以上やっても売れないのではと思って開発を中断して
しまいます。そのとき、しゃべっていることがちょっとしたヒントになった
り、緊張感を生み出したりします。2人で一緒に創りだすということもでき
るかもしれません。

あなたの作りたいものを私が手伝うのでもいいから、誰か一緒にやらない?

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed