Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/solisart/solisart.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
no-image

開発したソフトウェアの権利とライセンス

携帯用のGoogle Calendarのプログラムは、今後以下のサイトで公開してい
こうと思います。
http://gcalmobile.sourceforge.net/
英語の環境なので、要望とかバグとか受け入れずらいかなと思うのだけれ
ど、がんばってみてください。日本語でもとりあえずいけるかな。。。。

できれば多言語環境でもやってみたいし、海外からの評判も聞きたいので、
このサイトにしたのだけれど、、、どうだろうか。

公開するに当たって、一番気にしたのは著作権の問題でした。
どんどん使ってもらってもかまわないし、ソフトを改変してもいいんだけれ
ど、勝手に自分のソフトの中に入れて儲けたりしないでねというのが主旨で
す。一番嫌なのは、人のを真似したのにも関わらず自分がつくったと言い張
ることです。

同じ事を同時発生的に、独自に生み出したのならかまいませんが、嘘は嫌い
です。

あとで気になったのは、自分がこのソフトを使ってビジネスをした場合に、
そのライセンスに振り回されるかもしれないというのが心配です。

このソフトは、Rubyという言語環境が必須です。RubyはRubyライセンスに
なっています。これは利用者がインストールするべきものなので特に気にし
ていません。そして、http-access2というソフトが同梱されています。
NAKAMURA, Hiroshi さんによるライブラリで、これはRubyライセンスになっ
ています。またMaehashiさんによる、http-accessとTAKAHASHI `Maki’
MasayoshiさんによるCookie部分のコードが混じっています。

私自身は、このhttp-access2を改変せずに使っていますが、今後問題が発生
すればお客さん自身の手で入れてもらう必要が出てきます。(「楽天日記
バックアップ」ソフトは、http-access2を使っていませんので、この問題は
ありません)このプログラムをつくるときに、何か障害が起きて、http-
access2を使うことになりましたので、その障害を取り除ければ使わなくて
すむかもしれません。

そんなことを考えながら、作っています。

さて話は変わるのですが、ソフトウェアの著作権は、会社で開発したソフト
ウェアは会社に帰属するが、受託開発の場合はお客さんではなくて開発会社
に帰属するというのがコの業界(俗にいうIT業界)の一般常識だと思います。

しかし例外が存在します。

まずは会社と個人の関係。
ソフトウェア開発において就業外で会社の資産を一切使わず自宅などで開発
した場合だ。仕事が終わってから、会社のパソコンを使って開発した場合は
除かれるのが普通かもしれない。

ただこのあたりは難しいところで、業務に差し支えなければいいのではと個
人的に思う。会社の業務の中で知識や経験を積んだものも、その脳の中まで
とりはずすことができない。そうやって人を育てることも、会社としての社
会貢献の一つではないかと思う。

ただ、業務で用いたソフトを少し変えて、自分の名前で出すことはいけな
い。競合するものを出すのは倫理的にやばく、どうせやるならば退職して0
からソフトを作らねばならないと思う。

会社と納品先の関係。

ソフトウェア会社としては、依頼されて作ったソフトに関しては顧客の意向
を実現するためのサービスを提供していると考えているのが普通である。レ
ストランが料理を作って提供するけれど、その料理のレシペを売っているわ
けではないという同じ考えかただ。

ただ、その料理を分析して同じものを作られてしまうのは倫理的に問題はあ
るが、ある程度は致し方ない気がする。それならば、料理のレシペに特許を
かけるか、そんな簡単な料理ならば諦めて真似されなくいような隠し味を考
えるしかない。

特許を出した公開することで、そのレシペが公開されてしまう。本当はレシ
ペを教えたくないところが多いのではないかと思う。それも、同業他社がマ
ネして利益を横取りするところが問題で、家庭内で同じ料理を作って楽しん
でしまうところまでは防ぎようがないし、ダメとはいえないのではないだろ
うか?

ソフトウェアも自分で、自分の社内で使う分には、多少仕方ないところがあ
る。ただ、それを他に売って利益を得ているというのは許せないところがあ
ります。

携帯用Google Calendar”GcalMobile”は、とりあえずGPLとして出していま
す。全て自分あるいは自分たちでつくったものだったら、あとで商用として
もいいのかな。まつもとさんのブログから見つけた。

> また、あなたは自分の書いたコードのライセンスを任意に設定できるの
> で、商用ソフトウェアに組み込みたい人が(有償で)特別のライセンスを
> 結びたいと申し出るかもしれない。いずれにしてもあなたに損はない。

こういった問題には不慣れなので、悩みが止まらない。

参考ページ:
[OSS]フリーソフトウェアライセンス診断
http://www.rubyist.net/~matz/20030608.html

[prog] 商用ゲームやアプリによく使われるC/C++用ライブラリ
http://hammm.blog21.fc2.com/blog-entry-44.html

オープンソース
http://ja.wikipedia.org/wiki/オープンソース