10月
01
2006

サイラボ 9/20放送の原稿

ネットチャンネルKYOで毎週水曜日23時から放送している、サイバーラボラ
トリーの9月20日の放送原稿です。放送では伝えられなかったことや、うま
く話すことできなかったことをここで書いておこうと思います。

木曜日11時からも再放送をしていますし、過去の番組も番組ライブラリから
見ることができます。

http://www.nc-kyo.com/

もしよろしかったら、一度ご覧ください。

9/20放送は以下の話題について触れました。

1. GoogleとeBay提携、YahooとMSNに対抗

GoogleとeBayが提携を結んだ。

eBayは日本では知名度はないが、アメリカ最大のオークションサイトであ
る。日本でいえば、ヤフーオークションに相当する。会員になれば自由参加
のオークションができるが、ヤフーと同じように実質的に商品を販売してい
るサイトといってもいい。

eBayはたくさんのお客さんを集めているので広告が効果的だ。以前にYahoo
とeBayは提携して、eBayのサイトで国内向けにはYahooの広告も出ることに
なるが、国外向けのサイトに関してはGoogleのテキスト広告が独占するらし
い。実はここ数年、アメリカ国内だけでなくアメリカ国外の利用者が毎年2
倍のペースで増えており、購入する人はアメリカ国内の利用者と国外の利用
者が半々だという。

また、eBayが買収したSkypeとGoogle Talkのメッセンジャーソフトも相互に
つながることになるそうである。

2. Apple、iPod,Zen特許訴訟でCreativeに敗北

AppleのiPodが、訴えられていたそうだ。
元々はパソコンのサウンドカードとして有名だったSound Blasterを作って
いた、シンガポールの会社クリエイティブ・テクノロジーは、iPodが発表さ
れる前からMP3音楽プレーヤーを発売していた老舗だ。

そのMP3プレーヤーの一つであるZenのユーザーインターフェースが、iPodが
特許を侵しているということで訴訟されていた。結局、Appleが大幅に譲歩
して和解にいたったので事実上の敗北。

クリエイティブは、1億ドルの和解金と、iPodの周辺機器を発売する権利を
得て、さらにApple以外の他の会社に対して同様の訴訟を起こすことができ
るという同意を得た。

訴訟には変なのが多いが、これは正しい決着だと思う。

3. Google、著作権切れの本を無料ダウンロード

著作権は50年経つと切れる。
その著作権の切れた本を、本のイメージそのまま(スキャナーで取ったよう
だ)にネット上で読むだけでなく、PDFでダウンロードできる。ダウンロー
ドした後はオフラインで読めるし、印刷もできる。

当初は少ししかないが、ニュートンのプリンキピアやダンテの神曲が含まれ
る。古い英語やイタリア語の本だったので、私は雰囲気を味わっただけ。

でもこういうのが増えるとうれしい。

スキャナーでとったものではなく、テキスト文書だけれど、著作権の切れた
本をボランティアがアップしてくれているサイトがある。

日本では青空文庫、アメリカはグーテンベルグプロジェクトだ
http://www.aozora.gr.jp/
http://promo.net/pg/

昭和30年より前に書かれた本はあるかもしれない。

4. シンガポール、年内に国全域のWi-Fi網を構築

シンガポールが今年末までに、国全体で無線ネットワークを構築するそう
だ。小さい都市国家なので、ブロードバンドも早かったが、とうとう無線
LANもか。

これって、Skypeだったら無料で電話がどこでも通じるようになるというこ
とでもあるのか。

こないだ、GoogleがサンフランシスコやGoogleの本社があるマウンテン
ビュー市を無線ネットワークを敷いたのだが、国全体とはすごい。

他にも、国民の健康記録の電子化、国の全住宅の90%以上へのブロードバン
ド接続の普及、多国籍スタッフの採用によるシンガポール国内でのアジア市
場向けコールセンターの設置などを進めていくそうだ。

シンガポールは日本と同様に資源のない国。
中国やインドが安い人件費でだんだんと力をつけてきていることに、日本と
同じように危機感を持っている。

これからは環境を整え、人的資源を高めて付加価値を高めてやっていくしか
競争力を保つことはできない。
果たして日本は大丈夫だろうか?

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed